2017.7.26~8.5北海道ツーリング⑥

 網走から帯広への道すがら、もう究極の空腹・・。と言って気の利いた店も無く、女満別の町の中に「ラーメン七つ星」の店舗が目につきました。車が5.6台止まっていたので、それにつられて店に入ってしまいました。

 ここで食えなきゃ、次はかなり先になるだろうという不安感ですよ・・。(-_-)

f:id:mahomimi:20170810140929j:plain

で、頼んだのが「こがし醤油チャーシュー1080円(税別)」です。この店はサラダが食べ放題なんですねぇ・・。しばらく野菜を食べていなかったのでしっかり頂きましたよ・・。

 頑張る胡椒のガバンくん発見(^_^)/~。塩がカウンターに無く、胡椒君だけでは味がしまらないので「ネーチャン、塩くれやあ・・。」で皿に入れてもってきてもらいました・・。(/_;)

f:id:mahomimi:20170810141013j:plain

f:id:mahomimi:20170810141056j:plain

 こんな組み合わせで野菜の摂取・・。おかわり2回です。枝豆があればビールが欲しくなりますねぇ・・・。(/_;)

f:id:mahomimi:20170810141127j:plain

 ラーメンは食べてから写真に撮っていない事に気がつき、仕方なく新聞記事が置いてあったのでそれを撮りました。値段は文句なしの七つ星(^_^)/~。味はどこから判断しても一つ星でした・・・。だいたいがラーメンで千円越は????ですよ・・・。

 ワタシの評価は350円が妥当。まあ、いいや・・・、食ってしまってから文句も無いだろうし・・と支払い済ませて一路阿寒へ・・。

f:id:mahomimi:20170809143756j:plain

f:id:mahomimi:20170809143826j:plain

こんな景色の中の道を走ります・・。今にも雨が降りそうな気配です・・。

 

f:id:mahomimi:20170809143933j:plain

 田舎道が延々と続いています。

f:id:mahomimi:20170809144010j:plain

 オンネトーのかなり手前から大雨になり、カッパ着てバイクを走らせました。

オンネトーも人気が無く、帰りしなにわずかに家族連れの車が一台来たのみです。

f:id:mahomimi:20170809144136j:plain

 国道241を足寄を通り帯広へ・・。かなりの距離ですよ。

f:id:mahomimi:20170809144218j:plain

 阿寒まで出てしまうと釧路の方が近いと思えるのですが、もう宿は帯広に取っているし、なかなか大変だけど帯広に出ることにします。

f:id:mahomimi:20170809144308j:plain

 山の中の道を走り・・・阿寒のオンネトーに到着。

f:id:mahomimi:20170809144341j:plain

f:id:mahomimi:20170809144415j:plain

雄阿寒も雌阿寒も見えないままでした。ガスに煙って、靄の中です・・。

f:id:mahomimi:20170809144501j:plain

f:id:mahomimi:20170809144535j:plain

f:id:mahomimi:20170809144619j:plain

f:id:mahomimi:20170809144658j:plain

f:id:mahomimi:20170809144733j:plain

f:id:mahomimi:20170809144807j:plain

 昔、どこから写真を撮ったのかわからないです・・・。古い写真は持って言ってましたが、場所が特定出来なかったです。ブローニーの、真四角な写真・・。6*6版です。昔は二眼レフもよく使用していたのですよ・・・。

f:id:mahomimi:20170809144840j:plain

f:id:mahomimi:20170809144936j:plain

 ひたすら雨の中を走ります。道道70号の入り口がわからなくて迷いましたが、それでも何とかトイピルカ北帯広ユースに行き着くことができました。

 ユースと言ってもペンションですねぇ・・。二人部屋のきれいな部屋でした。一人で使わせてもらいました。

 ただ、食事が出来ない・・・というのでサバイバルメシです。

 ここのペンションに泊まっていた支那人の家族がうるさくて、もう子どもが夜中まで走り回り騒ぎまくりで閉口しました・・。

 「るせぇ・・シバクぞ・・・。」」何て言ってもわからないし、オーナー夫妻も見て見ぬ振りですから、ワタシがクチを挟む場面も無く放っておきました・・。

 次の日も支那人だらけでしたねぇ・・・。

 こいつら遠慮とか配慮とかがまるで無いんですわぁ・・・。

 

 

 次の日は帯広の駅前に出てきました・・。

f:id:mahomimi:20170809145008j:plain

f:id:mahomimi:20170809145041j:plain

f:id:mahomimi:20170809151249j:plain

f:id:mahomimi:20170809151328j:plain

 わぁ、すごく変わった・・というのが第一印象でしたね。帯広って、列車は高架ではなかったのですが、それが高架になり広尾線の線路も綺麗に取り払われ、すっかり街が変貌していました・・。

 今日はばんえいは無いですしねぇ・・・。だから、街を走り回って見ただけです。

 帯広の人は皆さん優しいです・・。道を聞いても親切に教えていただけましたよ。

 何気ない世間話をして下さる方、スマホで地図を調べて下さる方、それに「なにわ」って大阪ですよね・・、気をつけて楽しい旅をして下さいね(^_^)/~・・・と手を振って下さったお姉さんなど、人の心の暖かい街でした。感激~。(^_^)/~

 昔から帯広って大好きなんです・・。だから、ばんえい競馬も応援させてもらっていますよ・・。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170809151412j:plain

 こんな、昔の名残のような一角も残されていました・・。北海道って、こんな雰囲気の市街地が結構多かったのですよ・・。こんな雰囲気ってとても好きです・・。

f:id:mahomimi:20170809151445j:plain

 さすがにメインは舗装も行き届いています。

f:id:mahomimi:20170809151542j:plain

 さあ、今日は美瑛泊ですから、これから富良野麓郷でも行こうか・・・と地図を見て決断しました。麓郷って10年ほど前に行ったきりです・・。

 

f:id:mahomimi:20170809151639j:plain

 偽樺(かんば)の防風林がずっと続いています・・。

f:id:mahomimi:20170809151708j:plain

 富良野への道です・・。

f:id:mahomimi:20170809151747j:plain

f:id:mahomimi:20170809182654j:plain

f:id:mahomimi:20170809182853j:plain

 今日は晴れ、(^_^)/~・・・。すばらしい天気に恵まれました。

f:id:mahomimi:20170809183002j:plain

 麓郷への道を近道しながら進んで行きました。この辺りの道はよくわかります・・・。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170809183042j:plain

 ここで、思わぬ人に再会。このモンキー・・・礼文で見ましたよね。岡山のO村氏と

バッタリ出会いました。O氏は旭川に泊まり、麓郷まで写真を撮りに来たそうです・・。

f:id:mahomimi:20170809183134j:plain

 この道も「北の国から」によく出てきましたよね・・。

f:id:mahomimi:20170809183517j:plain

f:id:mahomimi:20170809183604j:plain

f:id:mahomimi:20170809183644j:plain

f:id:mahomimi:20170809183733j:plain

f:id:mahomimi:20170809183811j:plain

 いつ、こんな土産屋が出来た?というぐらいロケ当時の雰囲気は無くなってしまいましたね・・。

f:id:mahomimi:20170809183915j:plain

 五郎の、木で出来た家とか言うものです・・。でも入らなかったです。以前に麓郷をブログで紹介した時はすべて無料でしたが、今は有料になりとても食指が湧く様子ではなかったです・・。

 もうすっかり嫌気がさしましたね。O氏いわく、「無茶するヤツが増えて、それで有料になったみたいや・・。」定めし支那人朝鮮人観光客が傍若無人な振る舞いをするために施設が傷み、それで有料化されたというのがわかる気がします・・。

f:id:mahomimi:20170810141708j:plain

 こんなのは観光用の施設ですよ・・・。

f:id:mahomimi:20170810141743j:plain

f:id:mahomimi:20170810141825j:plain

 これが麓郷の森です・・。馬鹿クッサー・・・・。(>_<)

f:id:mahomimi:20170810141909j:plain

f:id:mahomimi:20170810142010j:plain

f:id:mahomimi:20170810142040j:plain

f:id:mahomimi:20170810142116j:plain

 これは小野田旅館になっていた蕎麦屋です。北の国からでは旅館の設定でした・・。O村氏はここで蕎麦を食べたと言ってましたが、亡くなった地井さん(中畑木材の社長役)のファンなので、それで立ち寄ったらしいです・・。

 ワタシは蕎麦は余り好きではなく・・・・。(>_<)でも、なんで蕎麦は何処も高いのですかねぇ・・。あの店に入った時の鶏小屋のニオイ?が嫌いなんですよ・・。

f:id:mahomimi:20170810142156j:plain

f:id:mahomimi:20170810142233j:plain

f:id:mahomimi:20170810142305j:plain

 これが中畑木材の舞台です。本当は麓郷木材と言います。結構支店もあるようです・・。道内の何処かで支店を見ましたよ・・。

f:id:mahomimi:20170810142340j:plain

f:id:mahomimi:20170810142428j:plain

f:id:mahomimi:20170810142510j:plain

f:id:mahomimi:20170810142551j:plain

f:id:mahomimi:20170810142639j:plain

f:id:mahomimi:20170810142946j:plain

 富良野線の線路を渡り、これから富良野市街に向かいます・・・。

 

 富良野もあちこち走り回りました。でも、以前ほど懐かしさも無く、感動も薄かったです。

 富良野では食事をするのに困りましたねぇ。三日月食堂も無くなってしまったし、また気の利いた店も見つからず、結局ホットモットでカツ丼を買って、公園の噴水に座って味気なく食べましたよ・・・。

 まあ、これもひとり旅の醍醐味ですがねぇ・・(>_<)。

 富良野を過ぎてからは美瑛に向かいました・・・。美瑛は一度しか行ったことがなかったです・・。それも富田ファームだけ・・。今回はファームはパスです・・。

 

 

 写真のアップが今月の上限に達してしまいました。美瑛のジェットコースターの道などの掲載が出来ません。9月になってしまいます。東京の大学生・・・、自転車旅行の皆さん申し訳ないです。来月までお待ちください。

 で、ワタシ・・・、12日からしばらくの間お出かけです(^_^)/~。月末にもお出かけ予定がありますので・・、これは温泉・・、日記も休ませてもらいますね・・。(^_^)/~

 

 

 

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村

 

2017.7.26~8.5北海道ツーリング⑤

 佐呂間からだと網走がすぐ近く・・4・50キロ。網走の刑務所も遠い昔に行ったきりですので、網走を目指して走ることにしました。今日の宿泊は帯広。決して帯広は近い距離では無いのですが、まあ・・・十分夕方には着けると見込んで網走行きです。(^_-)

f:id:mahomimi:20170809002954j:plain

f:id:mahomimi:20170809003036j:plain

 途中でワッカ原生花園に寄りましたが、朝も早いために人影もも無く、少し眺めただけで後にしました。

f:id:mahomimi:20170809003113j:plain

f:id:mahomimi:20170809003202j:plain

f:id:mahomimi:20170809003301j:plain

 途中で農道に入ってみました・・。(^_-)

f:id:mahomimi:20170809003340j:plain

 これはビート(砂糖大根)ですねぇ・・葉が特徴的です。農家の方が忙しく作業されていました。

 

f:id:mahomimi:20170809003457j:plain

 再び国道238に出て網走を目指します・・。

f:id:mahomimi:20170809003537j:plain

 刑務所の塀です。なかなか奥行きがある刑務所なんです。

f:id:mahomimi:20170809003603j:plain

 古い煉瓦塀が重い雰囲気を漂わせています。

f:id:mahomimi:20170809003639j:plain

 昔撮った写真では、刑務所の入り口が開いていました。外に牛乳缶が放り出されて、

もっと雰囲気が異なっていましたよ。それに、入り口前もこんなに広くなかったと記憶しているのですが・・。ありゃ冬だったからなあ・・・。(^_-)イメージが異なっても仕方ないかな・・。

f:id:mahomimi:20170809003710j:plain

f:id:mahomimi:20170809003755j:plain

f:id:mahomimi:20170809003826j:plain

f:id:mahomimi:20170809003857j:plain

 これは新しく出来ていた建物です。物産品を販売していたようですが、棚卸しで休館でした・・。

f:id:mahomimi:20170809003945j:plain

f:id:mahomimi:20170809004019j:plain

 番外地ですか?。きちんと住所もありますよ・・・。(^_-) 〒093-0088 北海道網走市字三眺が正しい住所です。登記簿上では網走市字三眺官有無番地ですので、「網走無番地」では映画もゴロが悪いので番外地にしたのでしょうねぇ・・(^_^)/~。

 収容者は犯罪傾向の進んだ者(再犯者・暴力団構成員)、執行刑期10年以下の受刑者の短期処遇を目的とする刑事施設[1]。日本最北端の刑務所。と出ていました・・。

 f:id:mahomimi:20170809004052j:plain

f:id:mahomimi:20170809004132j:plain

f:id:mahomimi:20170809004202j:plain

f:id:mahomimi:20170809004231j:plain

f:id:mahomimi:20170809004305j:plain

 この橋も現在工事中です。昔の橋の名残も忘れてしまいました・・。f:id:mahomimi:20170809004336j:plain

 これから向かう先は刑務所の博物館です。

f:id:mahomimi:20170809004408j:plain

 釧網線の線路を渡ればすぐ目の前に博物館です。

f:id:mahomimi:20170809004450j:plain

f:id:mahomimi:20170809004525j:plain

f:id:mahomimi:20170809004602j:plain

f:id:mahomimi:20170809004640j:plain

 看守サマと記念撮影をしていただきました。シャッターは何処かの婆、いえいえご家族で来られた方に押していただきました。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170809004710j:plain

f:id:mahomimi:20170809004752j:plain

 婆の人形が神妙に座っています。何でも、服役中の馬鹿息子の面会に来たという老いた母親の設定ですねぇ・・。オカンに迷惑かけたらアカンやないか・・、馬鹿息子!。

喝!

f:id:mahomimi:20170809004827j:plain

f:id:mahomimi:20170809004912j:plain

f:id:mahomimi:20170809004939j:plain

f:id:mahomimi:20170809110941j:plain

f:id:mahomimi:20170809111046j:plain

f:id:mahomimi:20170809111128j:plain

f:id:mahomimi:20170809111214j:plain

看守様のご家族です。このような生活だったとか・・・。

f:id:mahomimi:20170809111253j:plain

 こんな台所で・・・

f:id:mahomimi:20170809111320j:plain

 こんな長屋に暮らしていたのですねぇ・・。官舎ですよ。当時の看守はインテリの一端でしたから・・。

f:id:mahomimi:20170809111350j:plain

  受刑者の寝床です。木の枕です。

f:id:mahomimi:20170809111424j:plain

f:id:mahomimi:20170809111452j:plain

 朝飯は立って食べて・・という様子でした。

f:id:mahomimi:20170809111520j:plain

f:id:mahomimi:20170809111546j:plain

f:id:mahomimi:20170809111621j:plain

 作業の様子です。

f:id:mahomimi:20170809111654j:plain

 漬け物用の樽です。漬け物の野菜は刑務所内で栽培されていたと書かれていました。

f:id:mahomimi:20170809111730j:plain

 これは現代の刑務所の部屋の中です。6人部屋です。

f:id:mahomimi:20170809111802j:plain

 テレビもあるのにびっくりです・・。

f:id:mahomimi:20170809111834j:plain

 でも・・、こんなところに収監されたくないですよねぇ。規律正しい団体生活なんか、まっぴらですよぅ・・。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170809111905j:plain

f:id:mahomimi:20170809111941j:plain

f:id:mahomimi:20170809112018j:plain

 さすが、現代の方は昔と比べて人権が保障されていますねぇ・・。

f:id:mahomimi:20170809112053j:plain

 個室ですねぇ・・。ユースもこんなようにしたらホステラーが増えそうですが・・。(^_^)/~

 入れば翌日まで出してもらえないとか・・。「網走監獄ユースホステル」?

f:id:mahomimi:20170809112139j:plain

f:id:mahomimi:20170809112209j:plain

 明治時代の女性のドレスだそうです。こんな貴婦人の装いが刑務所の中になぜ?。

f:id:mahomimi:20170809112243j:plain

一番うしろの人は女性ですよ・・。アベツクで来ていた人が女性にこんな姿をさせたようです(^_^)/~。3人目は体験できるようになっていました・・。

 そのままつなぎっぱなしでもいいですよね・・・。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170809112311j:plain

f:id:mahomimi:20170809112343j:plain

f:id:mahomimi:20170809112418j:plain

f:id:mahomimi:20170809112445j:plain

f:id:mahomimi:20170809112513j:plain

f:id:mahomimi:20170809112548j:plain

f:id:mahomimi:20170809112622j:plain

f:id:mahomimi:20170809112656j:plain

f:id:mahomimi:20170809112730j:plain

f:id:mahomimi:20170809112806j:plain

f:id:mahomimi:20170809112840j:plain

f:id:mahomimi:20170809113032j:plain

 坊主の説法を聞いている中に奇妙なのがひとり・・・。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170809113106j:plain

f:id:mahomimi:20170809113145j:plain

f:id:mahomimi:20170809113228j:plain

 碗に「監」「獄」「網」と入っています。こんな丼がほしかったのですが、売店にはなかったです・・・。(/_;)

 買って帰れたらママさんにキツク叱られそうですね(/_;) 

f:id:mahomimi:20170809113313j:plain

オマイ、オレにもくれや~~。」

「な・・、何すんねん・・。取んなやアホ~~。」と会話しております。

f:id:mahomimi:20170809113354j:plain

f:id:mahomimi:20170809113425j:plain

f:id:mahomimi:20170809113449j:plain

 部屋の壁を取り除いた様子では、極めて狭い内部がわかりますね・・。

f:id:mahomimi:20170809113529j:plain

 おれ・・こいつ見たことある~~~てな顔つきですねぇ。しかし、誰かに似ている気がするのですが・・。同級生でこんな顔のヤツいましたよ・・・(^_^)/~

 米屋のM木そっくりやんけぇ~~(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170809113634j:plain

f:id:mahomimi:20170809113715j:plain

 開けてみます・・。

f:id:mahomimi:20170809113749j:plain

刑務所の衣類です。

f:id:mahomimi:20170809113821j:plain

f:id:mahomimi:20170809113858j:plain

 現代の衣類はかなり機能的になっています。コシノヒロコのプロデュースですよ・・。嘘ですよ~~~~(^_^)/~。

f:id:mahomimi:20170809113948j:plain

f:id:mahomimi:20170809114021j:plain

f:id:mahomimi:20170809114101j:plain

f:id:mahomimi:20170809114143j:plain

f:id:mahomimi:20170809114222j:plain

f:id:mahomimi:20170809114257j:plain

f:id:mahomimi:20170809114413j:plain

f:id:mahomimi:20170809114457j:plain

f:id:mahomimi:20170809114529j:plain

f:id:mahomimi:20170809114602j:plain

f:id:mahomimi:20170809114635j:plain

f:id:mahomimi:20170809114719j:plain

f:id:mahomimi:20170809114750j:plain

f:id:mahomimi:20170809114836j:plain

 売店で面白Tシャツ売っていました・・。しかし、ワタシこんなの着るのは嫌ですよね・・。今年は桃岩荘のTシャツは買いましたが、世間の注目を浴びるような「模範囚」なんて気恥ずかしいです・・・。

 

 博物館を出て、バイクを止めた駐車場で、西宮から来ておられた裁判所の書記官様とお話をさせていただきました。観光で来られて、自転車で回っておられました。知的な美しい女性でした。

 この後、帯広に向かう途中でその方とまた出会いました。網走湖を1周してみようと思っていると話されていましたね。

 美しい方にはつい心がほのぼのとさせられてしまいますね・・・。(^_^)/~

 

 

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村

2017.7.26~8.5北海道ツーリング④

 お見送りの儀式です。桃岩を去る者も、そしてまた残る者もそれぞれに思い出を抱えてのお別れの儀式です。

 桃岩荘の皆さんは暖かいです。去るのが辛くなってしまいますよ・・・。(涙)

f:id:mahomimi:20170807101452j:plain

 また帰ってきてください・・との言葉を聞いて・・・、

f:id:mahomimi:20170807101515j:plain

 また帰ってきます・・・と約束を交わして・・・f:id:mahomimi:20170807101545j:plain

f:id:mahomimi:20170807101614j:plain

 精一杯の見送りを受けて・・・

f:id:mahomimi:20170807101648j:plain

 名古屋のO本さん、またここで再会しましょう・・・

f:id:mahomimi:20170807101719j:plain

f:id:mahomimi:20170807101755j:plain

f:id:mahomimi:20170807101824j:plain

f:id:mahomimi:20170807101911j:plain

 振り返れば思い出が詰まりすぎて・・・・

f:id:mahomimi:20170807101943j:plain

f:id:mahomimi:20170807102014j:plain

 見返り坂を上って・・・

f:id:mahomimi:20170807102049j:plain

 ベンジョハウス・・・、いやいや便所ではありません、ベン&ジョーハウス(喫茶)を眺めながら・・

f:id:mahomimi:20170807102116j:plain

 桃岩の展望台、旗立て台ともお別れして・・・

f:id:mahomimi:20170807102148j:plain

 この景色は何十年も変わらないままです・・・

f:id:mahomimi:20170807102222j:plain

 やがてみんなが見えなくなって・・・

f:id:mahomimi:20170807102301j:plain

 タケシだけが最後までお見送りしてくれてる・・・(^_^)/~ でも、タケシも昼の便で帰ってしまうんだよね・・・

f:id:mahomimi:20170807102329j:plain

 展望台の駐車場に近づく頃には、ホントに小さく桃岩の仲間がまだ手を振っていてくれて・・・

f:id:mahomimi:20170807102409j:plain

 いつまでも手を振る姿にみんなの胸がつまり・・・

f:id:mahomimi:20170807102438j:plain

 ありがとう・・・と叫んで、この思い出をカメラに納めて・・・

f:id:mahomimi:20170807102511j:plain

 来年も来れるかな・・、桃岩があればこそ青春の思い出が心に生き続けてくれて

いる気がします。また来たい・・、来年までしばしのさようならを心に噛み殺して・・。涙

f:id:mahomimi:20170807102534j:plain

 やって来ましたのは礼文唯一のコンビニ・・。セイコマートです。実は朝飯食べてなかったんだ~~。笑 

 だから、さようならをして、一緒に島を出るみんながトンネルを歩いて港に向かうまでにコンビニに来てしまいましたよ・・・。

f:id:mahomimi:20170807102607j:plain

 このコーヒーを飲みながら・・・

f:id:mahomimi:20170807102640j:plain

 窓の外にそびえる利尻山を眺めて・・・

f:id:mahomimi:20170807102704j:plain

 一番奥の、ワタシの指定席で・・・サンドイッチとコーヒーでしばしの朝食時間です・・。

f:id:mahomimi:20170807102730j:plain

 窓越しの利尻山。今日はよく晴れています・・・。

 

f:id:mahomimi:20170807102845j:plain

 一緒にバイクを上げたO村氏は、猫岩展望台の駐車場にいると思いきや、先に港に行ったようで待ってくれてなかったです・・(/_;)。

 ですから、ワタシはセコマに・・(^_^)/~。丁度食べ終わって、セコマを出るときにO村氏がモンキーで到着。

「一向に港に来えへんから、てっきりここや・・と思たで~~。」

「よくわかったねぇ・・。」と思わず笑ってしまいました。このO氏とは、3日後に富良野麓郷でバッタリ・・・。いやぁびっくりしましたねぇ・・。(笑)

f:id:mahomimi:20170807102927j:plain

セコマからスコトン方面をパシャ・・・。

f:id:mahomimi:20170807103003j:plain

 セコマの正面には凜々しい利尻山が・・。利尻山は昨年の「利尻を回る」で見てください。角度により顔が幾つにも変わります。

f:id:mahomimi:20170807103036j:plain

 香深の港。

f:id:mahomimi:20170807103111j:plain

 キャットロックさんです・・。今日は店が早いやんかぁ・・(^_-)

f:id:mahomimi:20170807103143j:plain

 バイクを積み込み、船内に一番乗りして・・・

f:id:mahomimi:20170807103252j:plain

座席に荷物を置いて・・

f:id:mahomimi:20170807103329j:plain

デッキに出てみれば・・

f:id:mahomimi:20170807103410j:plain

f:id:mahomimi:20170807103440j:plain

 デッキの座席にも、まだ人影も無く・・・。

f:id:mahomimi:20170807103514j:plain

f:id:mahomimi:20170807103556j:plain

 悪い奴がパンを投げて・・・、(^_^)/~

 いやいや、これから港でのお見送りの儀式です・・。

f:id:mahomimi:20170807103622j:plain

 マーリーも来てくれていたんだ・・・。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170807103646j:plain

みんなの笑顔がいいですよね・・。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170807103728j:plain

f:id:mahomimi:20170807103756j:plain

どんどん桃岩のお仲間が集まりだして・・・。

f:id:mahomimi:20170807103826j:plain

f:id:mahomimi:20170807103901j:plain

f:id:mahomimi:20170807103935j:plain

f:id:mahomimi:20170807104005j:plain

 ♫は~れたそら・・・、そ~よぐかぜ・・・とみんなで声をそろえて・・

f:id:mahomimi:20170807105836j:plain

f:id:mahomimi:20170807105900j:plain

 旅立つひとりひとりの名前を呼んでくれて・・・

f:id:mahomimi:20170807105932j:plain

f:id:mahomimi:20170807110004j:plain

f:id:mahomimi:20170807110037j:plain

f:id:mahomimi:20170807110119j:plain

 ギンギンギラギラ夕陽が沈むぅ~~と

f:id:mahomimi:20170807110213j:plain

f:id:mahomimi:20170807110253j:plain

 なんだか悲しそうだよ・・・。

f:id:mahomimi:20170807110322j:plain

f:id:mahomimi:20170807110407j:plain

 ♫とおい~~せかいに~~たびにぃぃぃでよおかあぁぁぁぁ~~~

f:id:mahomimi:20170807110551j:plain

f:id:mahomimi:20170807110628j:plain

f:id:mahomimi:20170808202456j:plain

f:id:mahomimi:20170807110654j:plain

 行ってらっしゃ~~~いのお見送りが・・・

f:id:mahomimi:20170807110724j:plain

 船が離れて行っても続いたままで・・・

f:id:mahomimi:20170807110802j:plain

f:id:mahomimi:20170807110839j:plain

 その声も段々聞こえなくなるほど船が港を遠ざかり

f:id:mahomimi:20170807110917j:plain

人影も小さくなってしまうほど・・・・。

f:id:mahomimi:20170807111003j:plain

 かもめの鳴き声がひときわ高く聞こえるだけで・・・

f:id:mahomimi:20170807111037j:plain

波音にすっかりかき消されて、礼文は遙かな彼方にと遠ざかり・・・

f:id:mahomimi:20170807111104j:plain

 もう港を出て行く船に声も聞こえず・・・

f:id:mahomimi:20170807111140j:plain

 心の思い出を語り合いつつ・・・

f:id:mahomimi:20170807111205j:plain

 またいつか戻って来るね・・・と堅く約束をして・・・

f:id:mahomimi:20170807111233j:plain

 再び、それぞれの人生を歩み続けるのです・・・。

f:id:mahomimi:20170807111305j:plain

f:id:mahomimi:20170807111347j:plain

 礼文は心の島に、思い出の島に・・・いつまでも忘れないでいようね・・と心に誓いつつ旅人はそれぞれの旅へと、旅だっていくのです。

f:id:mahomimi:20170808202614j:plain

f:id:mahomimi:20170808202640j:plain

 さあ、稚内です・・。ワタシはこれから宗谷岬まで突っ走ります・・。

f:id:mahomimi:20170808202713j:plain

 スターンランプの「ランプウェイ」がもうすぐ開くのを待っています・・。

f:id:mahomimi:20170808202740j:plain

 さあ、これからが再びの、新たな旅路です・・。

f:id:mahomimi:20170808202943j:plain

 O氏とは港で別れて、ワタシは宗谷へと走り出しました・・。

f:id:mahomimi:20170808203034j:plain

 風力発電が見られます・・。まだまだ岬までは遠いです。

f:id:mahomimi:20170808203100j:plain

 この道をひた走り・・・。

f:id:mahomimi:20170808203132j:plain

 やっと岬の三角の碑に到着。何度も来ていますので珍しくもなく・・・。

f:id:mahomimi:20170808203203j:plain

 樺太探検の間宮林蔵です・・。幕府の隠密ですねぇ・・。林蔵が探検だけで無く、開発を急いでいたら樺太は日本領であったのに・・・。当時の幕府には危機意識がなかったのですよね・・。

f:id:mahomimi:20170808203316j:plain

f:id:mahomimi:20170808203347j:plain

f:id:mahomimi:20170808203436j:plain

 あの赤い店が海鮮丼の店です。入ってから、普通のご飯ですか?と聞けば、「ウチはすべて酢飯です。」「普通のご飯は無理ですか?。」「ご飯を全て酢飯にしてしまうのですよね・・。」と言う事で海鮮丼にはありつけませんでした。値段は安めです。だから客が多かったです・・。残念!。もうこうなりゃ・・と猿払まで走り、猿払のホテルのレストラン(ただの食堂ですよ)でショボ飯を食べました。ランチが1500円だったかな・・。意外と「外れ」そのものでした・・・。(/_;)

f:id:mahomimi:20170808203515j:plain

 ベニヤ原生花園です。期待外れでしたね・・。時間も無く、全て歩き回るのはかないませんでした。この日はサロマまで走らないといけないのです。

 名寄で宿が取れず、やっと取れたのがサロマでした。

f:id:mahomimi:20170808203555j:plain

f:id:mahomimi:20170808204012j:plain

f:id:mahomimi:20170808204046j:plain

f:id:mahomimi:20170808204119j:plain

f:id:mahomimi:20170808204329j:plain

f:id:mahomimi:20170808204409j:plain

 しかし・・・サロマまでは遠すぎですよ・・。

f:id:mahomimi:20170808204454j:plain

f:id:mahomimi:20170808204532j:plain

 枝幸の道の駅でトイレ休憩。

f:id:mahomimi:20170808204605j:plain

 迷いに迷い、やっと着いたのがサロマユース。ところが昔と違い、泊まり客は老人夫婦とワタシ。それに後から来た東大生の女の子ライダー。まるでオールドホステルでしたよ・・。(/_;)もう列車も無くなり、バスも走らなくなり、すっかり陸の孤島化してしまったとペアレントは嘆いていました。夕飯はわずかに3名分のみ用意されて、静まり返ったユースでした。昔の賑やかさはどこへ・・・?ですよ。

 当然和室でひとり部屋。2食混みで5300円少しでしたね・・。ユースでひとり部屋がこの後も続くことになろうとは・・・。

 写真は朝に撮りました。

f:id:mahomimi:20170808204803j:plain

 昔のホステラーで賑わった時代が嘘のようです・・。

4泊目にしてひとり部屋。確かに気楽ですが、話し相手も無くつまらないの一言でしたね。

 桃岩のように賑やかで楽しいユースの時代は終わってしまっていたのですねぇ。

 昔の、ワタシ達の若かった頃は、ユースなんていつも学生であふれかえっていましたからね・・。たった一度、ひとりでしかなかったのが青森県本覚寺だけでした・・。

 このユースもいつまでもつことやら・・・・。

 

 それにしても走りすぎて、強烈な疲れを覚えましたね。礼文を出て、稚内に着いたのが10時20分。ユース着は6時半・・。約8時間、そのうちあちこちが1時間としても7時間走っていたのですよ・・・。わぁ、強烈です・・。200キロ弱の移動ですよ・・。(>_<)

 

 

 

 

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村

2017.7.26~8.5北海道ツーリング③

mahomimi.hatenablog.com

          昨年のブログです。後で見て下さい・・・(^_^)/~                         

 

 

 桃岩荘に夕暮れが・・・。この太陽が西の空に落ちるときが桃岩荘のイベントの始まりぃ・・・。

 夕陽の色が実に美しいですねぇ・・。

f:id:mahomimi:20170806221719j:plain

f:id:mahomimi:20170806221745j:plain

f:id:mahomimi:20170806221811j:plain

  今年は屋根の上に誰もおらず・・・。

f:id:mahomimi:20170806221917j:plain

f:id:mahomimi:20170806221951j:plain

f:id:mahomimi:20170806222022j:plain

f:id:mahomimi:20170806222051j:plain

f:id:mahomimi:20170806222121j:plain

 夕陽を眺めるオッサンひとり・・・(^_^)/~。

f:id:mahomimi:20170806222154j:plain

 夕陽を眺める美女がひとり・・。

f:id:mahomimi:20170806222221j:plain

 サマになる美しさですねぇ・・。夕陽も人も・・・。

f:id:mahomimi:20170806222253j:plain

 横顔が素敵ですねぇ・・夕陽を見て、何を思う・・・。

f:id:mahomimi:20170806222323j:plain

 それぞれの人生が交差し合う夕暮れ時・・。

f:id:mahomimi:20170806222351j:plain

 マーリーとてもいいオトコだよね(^_^)/~。去年桃岩荘でヘルパーをしていました。とても明るく元気な青年です。礼文が大好きな青年です。

 でも、繊細な神経も持ち合わせていることにワタシは気がつきましたよ・・(^_-)。

f:id:mahomimi:20170806222419j:plain

 オッサン二人の語らいも、実に絵になる夕暮れ時・・。

f:id:mahomimi:20170806222527j:plain

f:id:mahomimi:20170806222601j:plain

 それぞれの人生に幸あれ・・・・。

f:id:mahomimi:20170806222707j:plain

  妹:うつくしいね、おねーちゃん・・・。

 姉:この感動がわかるまでには、アンタもまだ数年かか  るなあ・・・。

f:id:mahomimi:20170806222753j:plain

 姉:なんや、もう見ぃひんのか・・・?

 妹:せやかて・・・、もう飽きてきたもん

f:id:mahomimi:20170806222837j:plain

f:id:mahomimi:20170806222910j:plain

 遠近ボケてみれば、またそれなりの美しさ(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170806222936j:plain

f:id:mahomimi:20170806223008j:plain

 生きてきた道はそれぞれ違えど、この落日の感動をひとつの心に受け止めて・・。

f:id:mahomimi:20170806223042j:plain

f:id:mahomimi:20170806223107j:plain

f:id:mahomimi:20170806223146j:plain

f:id:mahomimi:20170806223211j:plain

太陽さ~~ん、明日もまた会おうね・・・と。

f:id:mahomimi:20170806223245j:plain

f:id:mahomimi:20170806223313j:plain

f:id:mahomimi:20170806223342j:plain

 この夕陽の時間が、桃岩の感動の時間です。

 夕暮れ時はみんなの気持ちも一つになれる・・、互いを繋げるおひさまが 今日と言う日を癒やしてくれて・・・・。

 日暮れは楽しいミーティングが・・・。

 

 

f:id:mahomimi:20170806223415j:plain

 だからワタシは縦に振る・・・(^_^)/~ギャハハハ・・・

 これも書き直していますねぇ・・・。

f:id:mahomimi:20170806223513j:plain

 昨年の表示と違うよねぇ・・(>_<)

f:id:mahomimi:20170806223548j:plain

 

 ミーティングの始まりで~~す。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170806234959j:plain

f:id:mahomimi:20170806235023j:plain

f:id:mahomimi:20170806235052j:plain

f:id:mahomimi:20170806235121j:plain

 

f:id:mahomimi:20170806235145j:plain

f:id:mahomimi:20170806235524j:plain

 

 

f:id:mahomimi:20170806235638j:plain

f:id:mahomimi:20170808184934j:plain

 

f:id:mahomimi:20170806235736j:plain

f:id:mahomimi:20170806235803j:plain

f:id:mahomimi:20170806235856j:plain

f:id:mahomimi:20170806235951j:plain

f:id:mahomimi:20170807000019j:plain

f:id:mahomimi:20170807000046j:plain

f:id:mahomimi:20170807000118j:plain

f:id:mahomimi:20170807000230j:plain

 タケシ、利発そうな少年だね(^_^)/~。君が望む人生を歩んでほしいよ・・。

f:id:mahomimi:20170807000258j:plain

f:id:mahomimi:20170808185054j:plain

f:id:mahomimi:20170808185117j:plain

f:id:mahomimi:20170808185309j:plain

f:id:mahomimi:20170807000437j:plain

f:id:mahomimi:20170807000525j:plain

f:id:mahomimi:20170808185353j:plain

 

f:id:mahomimi:20170807000613j:plain

 ミーティングの途中で、新たな方のお帰りです・・・。

f:id:mahomimi:20170808185431j:plain

f:id:mahomimi:20170807000648j:plain

f:id:mahomimi:20170807000719j:plain

f:id:mahomimi:20170808185513j:plain

おっかぇりなさ~~~~~い・・。ドドドン・・。

f:id:mahomimi:20170807000752j:plain

 続いて再びミーティング・・(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170807000837j:plain

f:id:mahomimi:20170807000909j:plain

f:id:mahomimi:20170807000952j:plain

f:id:mahomimi:20170807001031j:plain

f:id:mahomimi:20170808185622j:plain

f:id:mahomimi:20170808185841j:plain

f:id:mahomimi:20170808185914j:plain

f:id:mahomimi:20170808185947j:plain

f:id:mahomimi:20170808190053j:plain

f:id:mahomimi:20170808190123j:plain

f:id:mahomimi:20170808190148j:plain

f:id:mahomimi:20170808190223j:plain

f:id:mahomimi:20170808190247j:plain

f:id:mahomimi:20170808190330j:plain

f:id:mahomimi:20170808190412j:plain

ミーティングの後は売店も開きます・・・。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170807001108j:plain

f:id:mahomimi:20170807001145j:plain

f:id:mahomimi:20170807001218j:plain

f:id:mahomimi:20170807001343j:plain

f:id:mahomimi:20170807001537j:plain

 

f:id:mahomimi:20170807001629j:plain

f:id:mahomimi:20170807001702j:plain

  このように思い出の夜は更けて・・・桃岩って何故か楽しい最果ての桃源郷ですよ。

 自然しか無い、何もない・・、あるのは人と人とのふれあいと感動、まさにそんなところがたまらなく懐かしく、嬉しいのかも知れないですねぇ・・。

 北海道の夏はことさら優しく、美しい季節です。

 ここに来れば、きっと人生観が変わりますよ・・。ぜひ一度来てください。(^_^)/~

 

 mahomimi@hotmail.co.jp   まで皆様方の屈託のないご意見をよろしくお願い致します(^_^)/~。

 

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村

2017.7.26~8.5北海道ツーリング②

 稚内ライダーハウスみどり湯です。風呂屋が本業です(^_^)/~。ここはまるで社会事業のような感じを受けます(^_^)/~。儲けよりも若い人を優しく受け入れてくれる、そんな慈しみにあふれています。

 それが、また暖かくて楽しい宿でした。この日の夜のメシはセコマでカツ丼でした(^_^)/~。

f:id:mahomimi:20170808181208j:plain

f:id:mahomimi:20170806205317j:plain

 右のご年配の女性は、宮崎からバイクで毎年来られているというS子ネーサンです。

 もうかなり長くみどり湯に滞在のご様子です。ライダーでネーサンを知らない人はいません。老若男女が旅を通して心がふれあえる宿って最高ですよね・・。

 また行きたいですよ・・。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170806205350j:plain

f:id:mahomimi:20170806205418j:plain

f:id:mahomimi:20170806205446j:plain

 外国からのお客さんも来られていました。右の青年とはみどり湯の「銭湯」で一緒になり話して仲良くなりました。(^_^)/~楽しい青年でしたよ・・。

 英語の出来る方も3人おられて、ホント国際色豊かです・・・。

f:id:mahomimi:20170806205530j:plain

 

f:id:mahomimi:20170806205557j:plain

 このオネーサンは幼稚園のセンセイ。一輪車で宗谷を出発し、糸魚川まで走ると言われていました。一輪車ですよ・・・、一輪車。

f:id:mahomimi:20170808181257j:plain

 みんなびっくりして、ガレージに止めてある一輪車を見せてもらいましたが、前部に転倒防止のプロテクターが付き、メーターとブレーキまで装備された本格的なものでした。今日も一輪車で道内を走られているのかなあ?。もう本州に入れたかな?。

f:id:mahomimi:20170806205629j:plain

 昔の青年と今の青年ですねぇ・・・。

f:id:mahomimi:20170806205709j:plain

 ミーティングの様子です・・・。

f:id:mahomimi:20170806205738j:plain

f:id:mahomimi:20170806205808j:plain

 この中にワタシも写っていますよ(^_^)/~。

f:id:mahomimi:20170806205945j:plain

 

 次の朝は、礼文に渡るために・・・・、皆さんがまだ寝ておられるうちに起きて、港を目指します。早朝にも関わらず、お二人にお見送りをして頂きました。もう感激の一言でした。

f:id:mahomimi:20170806210018j:plain

 宗谷本線を渡り、立ち止まり・・・・

f:id:mahomimi:20170806210057j:plain

 稚内と反対の方を見れば草むした線路が・・・・。でも列車は運行していますからね・・。

f:id:mahomimi:20170806210208j:plain

 稚内駅の方向です。宗谷本線の終着駅です。

f:id:mahomimi:20170806210240j:plain

 港に到着。朝早くて、人影もまばらです。まだターミナルは開いていませんでした。当然、切符もまだ買えず・・・・。バイクは予約が出来ないのです。早い者順です。でも、この時期は・・・満杯なんて事は考えられないのですが・・。混むのは盆・暮れの時期だけですから・・。

f:id:mahomimi:20170806210310j:plain

f:id:mahomimi:20170806210342j:plain

 約1時間待ち、ようやくボレアースに乗り込める準備が出来たようです。

 去年はお客さん専用のブリッジからです。今年は車両入り口からですよ(^_^)/~。

f:id:mahomimi:20170806210419j:plain

f:id:mahomimi:20170806210448j:plain

 ドームと海上保安庁の巡視船が見えます。

f:id:mahomimi:20170806210528j:plain

 サイプリアは利尻行きです。

f:id:mahomimi:20170806210610j:plain

 船室・・・。

f:id:mahomimi:20170806210647j:plain

 このキーホルダーは去年買ったのです(^_^)/~。友だちにあげてしまったですけど・・。今年は買いませんでした。ずっと本物の切符を持っていますよ・・。42年前は「東日本海フェリー」という会社名でした。

f:id:mahomimi:20170806210725j:plain

f:id:mahomimi:20170806210757j:plain

f:id:mahomimi:20170806210832j:plain

f:id:mahomimi:20170806210904j:plain

f:id:mahomimi:20170806210939j:plain

 礼文に到着です。バイクはわずか2台だけでした・・・。拍子抜けですよね。

 稚内礼文はニンゲン様が2等2370円、バイクサマは3920円です・・。

 計6290円ですよ・・・片道。たっけ(高っけぇ)~~~。それでも行きたい礼文島(^_^)/~・・。

f:id:mahomimi:20170806211029j:plain

 船を下りて走り出しました・・。まず、今回は礼文空港を目指してです。

f:id:mahomimi:20170806211104j:plain

 あの、突き出た半島の辺りになります・・。空港は山を一つ登って下りた海のすぐ横になります。

f:id:mahomimi:20170806211137j:plain

 海猫の群れを見て・・・

f:id:mahomimi:20170806211208j:plain

 漁船のたたずまいを見て・・・

f:id:mahomimi:20170806211239j:plain

 こんな道を走ります。海が左・・・という事は後ろを撮ったのですねぇ。

f:id:mahomimi:20170806211320j:plain

 田舎道です。通行量も少なく、シンとしたたたずまいです。気温は21度。

f:id:mahomimi:20170806211355j:plain

 途中で道が良くなります。この道は昨年もレンタバイクで走りました。

f:id:mahomimi:20170806211509j:plain

 やって来ました礼文空港・・・。閉鎖ですから、当然人影も無く・・・。一日、一週間、一年・・・・、いやいや一生待っていても飛行機はやって来ません(^_^)/~。

 中には入れませんから外からだけの見学です。

f:id:mahomimi:20170806211536j:plain

 この坂道を、山を登って下って来ました。空港が使用されていたときはこの道をバスが走っていたのですかねぇ・・・。結構狭い道ですよ・・。

f:id:mahomimi:20170806211609j:plain

f:id:mahomimi:20170806211640j:plain

 滑走路の一番端に来て見ました。裏を回れる道はありましたが、途中で引き返してしまいました。

f:id:mahomimi:20170806211802j:plain

 滑走路が延びています・・。

f:id:mahomimi:20170806211831j:plain

f:id:mahomimi:20170806211906j:plain

 一番高い位置にレーダーらしき施設が・・・。

f:id:mahomimi:20170806211946j:plain

f:id:mahomimi:20170806212014j:plain

 滑走路が1本。使われなくなって手入れもされないままに・・・。

f:id:mahomimi:20170806212041j:plain

f:id:mahomimi:20170806212111j:plain

 これからスコトン岬に向かいます・・。

f:id:mahomimi:20170806212142j:plain

f:id:mahomimi:20170806212212j:plain

f:id:mahomimi:20170806212240j:plain

f:id:mahomimi:20170806212305j:plain

 これ・・、何の標識かわからないのですが、鰊の大漁が続いた頃、その当時の加工技術ではわずかに漁獲の一部を乾燥するだけで、大部分は穴を掘り鰊を埋立処理していたらしいと聞いた事があります。信仰深い漁業者達が碑を建て鰊の供養をほどこしたのがこれなんですかねぇ?。いやぁ、あくまで我見ですよ・・。(^_-)もし、詳しい人がいたなら教えてほしいです・・。スコトン岬で見ました。

f:id:mahomimi:20170806212340j:plain

f:id:mahomimi:20170806212421j:plain

 この道を去年はレンタバイクで下りたのです。

f:id:mahomimi:20170806212451j:plain

 この登りが原付では大変でした・・。緩やかに見えていますが、どうしてどうして・・。(^_-)恐ろしい急坂です。

f:id:mahomimi:20170806212526j:plain

f:id:mahomimi:20170806212610j:plain

 これも去年のブログで載せました。この道から来ました・・・。

f:id:mahomimi:20170806212656j:plain

 ここで行き止まりです。さて・・・、今年の課題はこれから先に進む事なんです。そのために今年も来たのですよ・・。飽くなき好奇心、チャレンジ・・、アスペルガー的な発想です。まさにそんな普通の人なら興味すら持たないことに、ワタシはつい闘志を燃やしてしまいます・・。

f:id:mahomimi:20170806212732j:plain

 道を進みます・・・。今年は歩いて進みます・・。

f:id:mahomimi:20170806212806j:plain

 ここで完全な行き止まりでした。まだ行けそうですが、私道で勝手に入るな!と出ていましたのでここで終わりです。謎はやっと解決しました。(^_-)

f:id:mahomimi:20170806212841j:plain

 こんな感じです・・・。

f:id:mahomimi:20170806212913j:plain

 また戻ります、以外と距離はありましたね・・。道の真ん中に草が生えているところが行き止まりの標識の場所です。

f:id:mahomimi:20170806212955j:plain

 海に向かって一枚パシャ・・・。

f:id:mahomimi:20170806213020j:plain

 やっと戻ってきました。(^_^)/~

 この後は「北のカナリア」の舞台にと、今年もミーハーしてみました。

f:id:mahomimi:20170806213059j:plain

またまた来ました・・、この風景が素敵です。今日は利尻が見えません・・。f:id:mahomimi:20170806214330j:plain

f:id:mahomimi:20170806214402j:plain

 去年の写真見てください・・。利尻が綺麗に見えていますから・・。

f:id:mahomimi:20170806214448j:plain

f:id:mahomimi:20170806214522j:plain

f:id:mahomimi:20170806214557j:plain

f:id:mahomimi:20170806214638j:plain

f:id:mahomimi:20170806214858j:plain

f:id:mahomimi:20170806214929j:plain

f:id:mahomimi:20170806214957j:plain

f:id:mahomimi:20170806215027j:plain

f:id:mahomimi:20170806215100j:plain

f:id:mahomimi:20170806215128j:plain

f:id:mahomimi:20170806215156j:plain

f:id:mahomimi:20170806215228j:plain

f:id:mahomimi:20170806215257j:plain

f:id:mahomimi:20170806215326j:plain

f:id:mahomimi:20170806215358j:plain

f:id:mahomimi:20170806215441j:plain

f:id:mahomimi:20170806215530j:plain

f:id:mahomimi:20170806215603j:plain

f:id:mahomimi:20170806215648j:plain

 吉永小百合さんは歳をとらないですねぇ・・。(^_^)/~むしろ年齢を重ねた方がより素敵ですよ・・。

f:id:mahomimi:20170806215724j:plain

f:id:mahomimi:20170806215755j:plain

 今年はこの道から帰ることにします・・。来たときは後ろからです。

いつも道を間違えてしまいます。

f:id:mahomimi:20170806215834j:plain

f:id:mahomimi:20170806215902j:plain

f:id:mahomimi:20170806215939j:plain

f:id:mahomimi:20170806220017j:plain

 利尻です。右の山がペシ岬、左の小さい山が夕陽丘展望台です。肉眼ではこんなに近くに見えませんよ・・(^_^)/~。超望遠レンズを利用しています。

f:id:mahomimi:20170806220058j:plain

 このあと、香深の「うすゆきの湯」に行き、風呂上がりに休憩所から港を撮ってみました。

f:id:mahomimi:20170806220129j:plain

f:id:mahomimi:20170806220203j:plain

f:id:mahomimi:20170806220242j:plain

あいも変わらず、今年は利尻山が雲に隠れています。

風呂上がりの後は、元地の地蔵岩に行きました。もう、去年さんざん載せていますので、今年は記録だけです・・。

f:id:mahomimi:20170806220312j:plain

f:id:mahomimi:20170806220357j:plain

f:id:mahomimi:20170806220436j:plain

 この位置から中には入っていません・・。看板が割られています。「落石注意」とあったのですよ・・。50-230のズームを使うと、ここからでも十分見てとれます。

f:id:mahomimi:20170806220524j:plain

f:id:mahomimi:20170806220603j:plain

 迫力ありますねぇ・・・。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170806220645j:plain

 猫岩展望台から猫岩を撮ってみました・・。へぇ・・シッポまであるのですねぇ・・びっくりです。

f:id:mahomimi:20170806220720j:plain

桃岩荘です。

f:id:mahomimi:20170806221342j:plain

 

 

f:id:mahomimi:20170806221428j:plain

 車が止まっているところまでがジャリ道。写真ではわかりませんがバイクを下ろすのにズルズル滑り、とても苦労しました。この道で20分はかかりましたね・・。怖! 

f:id:mahomimi:20170806220806j:plain

 反対側の民家です。

f:id:mahomimi:20170806220846j:plain

f:id:mahomimi:20170806220915j:plain

展望台から元地に続く道です。これはコンクリートです。

f:id:mahomimi:20170806220952j:plain

f:id:mahomimi:20170806221033j:plain

桃岩・・・。

f:id:mahomimi:20170806221114j:plain

 展望台パーキング・・。右の道を下りれば桃岩荘です。

f:id:mahomimi:20170806221155j:plain

正面の洗濯物、何処かで見たことあるものですよね・・・(^_^)/~。

f:id:mahomimi:20170806221527j:plain

f:id:mahomimi:20170806221601j:plain

  桃岩について、少しのんびりしています。夕暮れの儀式までもう少し時間がありますのでごろんとしたり、カメラ片手に外に出たりしていました。

 桃岩は2泊の予定で入れていましたが、結局1泊にしてしまいました。理由ですか?、バイクを出して・・・またゴロゴロ道を戻って来るのが恐怖で、1泊でズラかろうと決めてしまったのです。

 また来年、来れたら来ますからね・・・・。(^_^)/~

 昔の、あこがれの桃岩荘ですが、今年からはメシなしの素泊まり宿になってしまいました。サバイバルメシを食べました・・。レトルトのご飯にボンレスハムのパック、セコマのコロッケ2個、シーチキン缶詰にわかめスープです。

 こんなメシでもワタシは満足なんですよ・・・(^_^)/~。

 旅することだけが好きなのですから・・・。

 

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村

2017.7.26~8.5北海道ツーリング①

 26日の夜、11時半の出港です。早い時間についてしまいましたので、一端敦賀市内に戻りガストで夕飯を食べてもう一度港に戻りました。それでもカブで来ていた人の次のままでした・・・。

f:id:mahomimi:20170808174829j:plain

 こんな船です。とてつもなく大きいです。コンテナがものすごい数積み込まれて、作業が終わるまでバイクは待機のままでした。

f:id:mahomimi:20170808174853j:plain

f:id:mahomimi:20170808174918j:plain

 この日の行きのバイクは9台。ワタシは2番目でした。

 

f:id:mahomimi:20170808175020j:plain

 フェリーに乗れば風呂に入った後は寝るだけでした。翌日、27日に起きてから写真を撮ってみました。このスペースがワタシの居住区域です。端ということもあり落ち着きますが、部屋の中に子ども連れの家族が2組ほどおり、壁の横に窓・・・、海しか見えないのに子どもが常に窓を覗きに来てはワタシの方をチラチラのぞき見るのでウザクてたまりませんでした。(>_<)

f:id:mahomimi:20170806161916j:plain

 向かいに人がいないと個室のようで落ち着きますがね・・・。

f:id:mahomimi:20170808180220j:plain  子どもがこの窓をのぞきに来るのですよ・・・。海しか見えないですがね・・。こいつら電車と間違えとるんですねぇ・・。(>_<)

f:id:mahomimi:20170806161938j:plain

f:id:mahomimi:20170806162004j:plain

船室の廊下です。この廊下が左右についています。

f:id:mahomimi:20170806162034j:plain

 すれ違いざまの、敦賀行きすいせんです。

f:id:mahomimi:20170806162056j:plain

 アップして見ました。この後は船内でくつろいだり、カフェで時間を潰したり、また昼寝したりとのんびりしていました。列車と違い、船は自由に動ける範囲が広いので助かります。

f:id:mahomimi:20170808175334j:plain

 ビンゴ大会があったり・・

f:id:mahomimi:20170808175405j:plain

 コンサートがあったりと・・・。

f:id:mahomimi:20170808175446j:plain

f:id:mahomimi:20170808175511j:plain

 喫煙室も2カ所設けられていて・・・。

f:id:mahomimi:20170808175537j:plain

 広いロビーがあり、給湯室も自販機もあり、この上の階には風呂もあって、間を持て余すことのないように考えられていますねぇ・・・。もちろんカフェもレストランもあります・・・。

f:id:mahomimi:20170808175615j:plain

 

 船が着いたのが午後8時半です。一路札幌に向かいました。札幌のニューリフレというカプセルサウナを予約していました。生ビールがついて3000円です。これは安いですよ・・・。ただ、札幌までが遠いです。苫小牧港の周囲は真っ暗・・・、地理的に見当もつかない状態です。おおよその方向感で36号線を目指して走り出しますが、何分初めての道・・・、不安感はありましたね・・。

 日高道の標識を見つけて、苫小牧中央から高速にのりましたが、な・・、なんとガソリンが・・・。とても札幌まで持ちそうになく、仕方なく次の沼ノ端西で下道に下りましたら、そこが国道36号でした(-_-)ホッ!。 

f:id:mahomimi:20170808180948j:plain

 バイクにも腹にもガソリンを入れ、安心して札幌へ・・・ですが、着いたのが11時前。ススキノ近辺はバイクの駐車場が無く、下板の上がらないパーキングを探して四苦八苦でした。丁度よいパーキングがあったのでそこにとめさせてもらいました。

 翌日は朝6時の起床で7時出発です・・・。パラパラ小雨が降っていましたが何のそのです・・・。(^_^)/~

 

f:id:mahomimi:20170808180748j:plain

 北口のファミマで買い物をして、前の青年会館を撮ってみました・・。帰りにここに泊まることになろうとは・・。

 

 札幌はおよその様子はわかりますので一路オロロンライン目指して走ります・・。

 

f:id:mahomimi:20170806162122j:plain

 石狩市役所です・・。いつかここの所に来たことがあります。この道は前田から続いている道ですよね・・・。

f:id:mahomimi:20170806162147j:plain

f:id:mahomimi:20170806162216j:plain

 この辺りは花畔(ばんなぐろ)といいます。これを北上すれば稚内に到達します・・・。ただし遠い。とてつもなく遠いです(>_<)。

f:id:mahomimi:20170806162250j:plain

途中のセコマで一服、ホットコーヒーをのみながら前の自転車屋を撮っています。店・・潰れたのかなあ?。

f:id:mahomimi:20170806162314j:plain

 すごい荷物です・・。持てば重いです・・・。

f:id:mahomimi:20170806162500j:plain

 さあ、気合いを入れて走ります。

f:id:mahomimi:20170806162537j:plain

 海が見えて来ました。後は日本海に沿ってひた走りです・・・。

f:id:mahomimi:20170806162611j:plain

 雄冬部落(集落)です。昔はこの道が無く、陸の孤島でした。ワタシが知っている42年前はこの道は作られてはいませんでした・・。

f:id:mahomimi:20170806162642j:plain

f:id:mahomimi:20170806162724j:plain

 北海道は寒冷地域でありながら、このような板張りの家をよく見ます。昔の名残なんでしょうねぇ・・・。

f:id:mahomimi:20170806162802j:plain

 道が無いのは、このように山肌が・・・・

f:id:mahomimi:20170806162830j:plain

 グン!と海に迫り・・、しかも岩盤が固すぎるためにトンネルを切削することが難しかったのです。

f:id:mahomimi:20170806162854j:plain

 ですから海が荒れる冬場は増毛からの船が出せず、完全に陸の孤島になっていたのです・・・。

f:id:mahomimi:20170806162923j:plain

 外気温21度。肌寒いばかりでしたよ・・。走れば体感温度は風を受け5度は下がります。ですから冬物を着ていても寒かったです・・・。

f:id:mahomimi:20170806162949j:plain

 まだ増毛まで22キロ。留萌まで39キロ・・・。

 と言うことは稚内までは160キロもあるのですよ・・・。ギャア~~、大阪・名古屋までの距離ですよね・・。時速80キロで走っていますので単純に2時間とは計算できないのがつらいです・・。実際、稚内に着いたのは午後4時でした。(>_<)

f:id:mahomimi:20170806163029j:plain

 このトンネルが出来てとても便利になったのですよねぇ・・。

f:id:mahomimi:20170806163100j:plain

f:id:mahomimi:20170806163405j:plain

 後ろを振り返り・・・・。

 

 とりあえず増毛に到着。増毛は42年前にも訪れた町です。でも、当時の鄙びた様子は無く、すっかり観光地化されていました。もう板張りの家も見ることも無く・・・・。

f:id:mahomimi:20170806163433j:plain

f:id:mahomimi:20170806163459j:plain

f:id:mahomimi:20170806163525j:plain

 町の歩道もハイカラな舗装です。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170806163559j:plain

f:id:mahomimi:20170806163647j:plain

 これ、多田商店です。映画のロケで「風待食堂」として使われ、その時の看板が新調されてかかっています。ここで「ましけ」駅のプレートを買いました(^_^)/~。

f:id:mahomimi:20170806163721j:plain

f:id:mahomimi:20170806163805j:plain

f:id:mahomimi:20170806163840j:plain

 

f:id:mahomimi:20170806163915j:plain

f:id:mahomimi:20170806163954j:plain

 ガソリンを満タンにしたGS。年代を感じる設備です・・。

f:id:mahomimi:20170806164026j:plain

f:id:mahomimi:20170806164056j:plain

 増毛駅にて・・。いくら待っても列車は来ません。昨年の12月に廃線になりました。昔、この駅に下りたことが懐かしいです。

f:id:mahomimi:20170806164135j:plain

f:id:mahomimi:20170806164205j:plain

f:id:mahomimi:20170806164240j:plain

f:id:mahomimi:20170806164325j:plain

f:id:mahomimi:20170806164400j:plain

 駅舎はこのように現在は使われています。ホント、観光地ですねぇ・・。

f:id:mahomimi:20170806164443j:plain

f:id:mahomimi:20170806164538j:plain

f:id:mahomimi:20170806164606j:plain

 駅前の老舗旅館も、現在は廃屋のごとくです・・。

f:id:mahomimi:20170806164646j:plain

f:id:mahomimi:20170806164916j:plain

f:id:mahomimi:20170806165004j:plain

 駅裏にある維新時の藩の開拓の歴史です・・。

f:id:mahomimi:20170806165042j:plain

f:id:mahomimi:20170806165135j:plain

 増毛町立暑寒別ユースホステルがあったと言われる場所です。更地に整備されていました。懐かしい思い出です・・。

f:id:mahomimi:20170806165247j:plain

 さらに走って小平町の花田番屋に着きました。親子ずれの方に撮らせていただきました。

f:id:mahomimi:20170806181559j:plain

f:id:mahomimi:20170806181642j:plain

 昔の鰊御殿です・・。

f:id:mahomimi:20170806181816j:plain

f:id:mahomimi:20170806181851j:plain

f:id:mahomimi:20170806182015j:plain

 段々雨が強くなって行き、さらに風もより激しさを増して走りにくい状態ですが、

ものともせずに勇敢な少年・・・、いやオッサンはひた走りです。

f:id:mahomimi:20170806181922j:plain

 雨の中はとても寒かったです・・。レインを着ても、やはり寒かったです。

 

 稚内までは遠かった・・・・。ホント、半端でない距離でした。「札幌~稚内を直で走りました・・・。」と言えば、みなさんびっくりされていました。

 昔、ワタシなんか札幌出てから稚内まで列車を使い1週間もかけてしまったのですよ・・・。(^_^)/~

それを思えば無謀ですねぇ・・・。

 

 稚内はユースが2軒無くなり、GSでライダーハウス「みどり湯」を紹介してもらいました。

 

 

 

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村

2017年7月8日、大塚国際美術館です。④

 最後は現代の作品です・・。時代ごとに追って作品が展示されています。とても上手なレイアウトです。

 よく考えて構成されていますよ・・。レピーターになる人が多いのも頷けます。ワタシも、これからも何度も来てみたいです・・・。

 本物に近づけて模写をした訳ではないですから、色彩も大きさも、まさに「本物の躍動感」ですよ・・。ただ陶板のつなぎ目の線がかすかに入っているのが欠点なだけです。

 でも、あくまでも本物と同じ感動です。本物ならこんなに近くには寄らせてはもらえませんが、ここの作品はギリギリまで寄って見れますから有り難いです。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20170709194557j:plain

f:id:mahomimi:20170709194923j:plain

f:id:mahomimi:20170709194955j:plain

f:id:mahomimi:20170709195026j:plain

 なんでピカソって、こんな作風なんですかねぇ・・・。

 なんじゃあこれ~~?と思いながら、ぐいぐい引き込まれていくのが恐ろしいです。

f:id:mahomimi:20170709195055j:plain

f:id:mahomimi:20170709195124j:plain

f:id:mahomimi:20170709195149j:plain

f:id:mahomimi:20170709195330j:plain

 ハンサムすぎます・・・。(>_<)

f:id:mahomimi:20170709195411j:plain

f:id:mahomimi:20170709195437j:plain

 まあ、青年期の自画像ですから、このG様になってからとは異なりますけどねぇ・・。でもピカソ、こうして見ればやはり異彩を発していますねぇ・・・。

f:id:mahomimi:20170709195505j:plain

f:id:mahomimi:20170709195547j:plain

f:id:mahomimi:20170709195649j:plain

f:id:mahomimi:20170709195719j:plain

f:id:mahomimi:20170709195801j:plain

f:id:mahomimi:20170709195836j:plain

f:id:mahomimi:20170709195912j:plain

f:id:mahomimi:20170709195952j:plain

f:id:mahomimi:20170709200024j:plain

f:id:mahomimi:20170709200056j:plain

f:id:mahomimi:20170709200128j:plain

f:id:mahomimi:20170709200203j:plain

 生首の目を美女が開いて確かめていますねぇ・・。

f:id:mahomimi:20170709200311j:plain

f:id:mahomimi:20170709200352j:plain

f:id:mahomimi:20170709200522j:plain

f:id:mahomimi:20170709200645j:plain

f:id:mahomimi:20170709200558j:plain

 これもちょっと怖い作品ですねぇ・・・。

f:id:mahomimi:20170709200726j:plain

f:id:mahomimi:20170709200759j:plain

 オッサンの首を美女が引きつかんでいます。美女になら首のひとつぐらい取られても・・・・?。

 取られたないですわぁぁぁぁ・・・。(>_<)

f:id:mahomimi:20170709200831j:plain

f:id:mahomimi:20170709200914j:plain

f:id:mahomimi:20170709200940j:plain

 これも最後の晩餐の光景です。

f:id:mahomimi:20170709201013j:plain

f:id:mahomimi:20170709201055j:plain

f:id:mahomimi:20170709201520j:plain

 

f:id:mahomimi:20170709201646j:plain

f:id:mahomimi:20170709201729j:plain

f:id:mahomimi:20170709201830j:plain

f:id:mahomimi:20170709201903j:plain

f:id:mahomimi:20170709201936j:plain

f:id:mahomimi:20170709202040j:plain

f:id:mahomimi:20170709202110j:plain

f:id:mahomimi:20170709202221j:plain

f:id:mahomimi:20170709202423j:plain

 人がだんだん少なくなって、システィナ礼拝堂には人影がまばらです・・・。

 もう入場者は無く、退場する時間が迫っています。

f:id:mahomimi:20170709202503j:plain

 このオッサンは亡くなり、穴に放り込まれるところです。土葬ですよね・・・。

f:id:mahomimi:20170709202542j:plain

 もう一度、最後の晩餐を見たくて舞い戻りました・・。これは修復後の絵の方です。

 修復以前のはユダが右手に銀貨の入った袋を握りしめてはいませんが、この絵にははっきりと描かれています。

f:id:mahomimi:20170709202621j:plain

 かなりの美人ですねぇ・・・。

f:id:mahomimi:20170709202655j:plain

 こんな女性好みですねぇ・・・。若い女性の色気がにじみ出ていますねぇ・・。

 まさしく、こんな絵が好きです。これを印刷して額に入れておこうかと・・・。

f:id:mahomimi:20170709202729j:plain

f:id:mahomimi:20170709202757j:plain

f:id:mahomimi:20170709202834j:plain

f:id:mahomimi:20170709202859j:plain

f:id:mahomimi:20170709202927j:plain

f:id:mahomimi:20170709203005j:plain

f:id:mahomimi:20170709203042j:plain

f:id:mahomimi:20170709203129j:plain

f:id:mahomimi:20170709203204j:plain

f:id:mahomimi:20170709203237j:plain

f:id:mahomimi:20170709203310j:plain

 ここがB2です。エスカレーターで下りればばもう終わりです。

f:id:mahomimi:20170709203339j:plain

 エスカレーターを下りてきたところ・・・。

f:id:mahomimi:20170709203417j:plain

 この出口を出れば外になります。何処ぞの駅までか、シャトルバスの案内をお姉さんがしています。

 

 でも面白かったですよ・・。(^_^)/~西洋画もとても楽しいものなんですねぇ・・。

 最初から、「わからん・・。」なんて思っていましたが、絵をわかるのは自分の感性なんだと気がつきましたね。

 別に、絵には作者がこういうところにこんな視点がありまして・・、こんな風に画いてまんねん!・・なんて事は一切無いのですねぇ。

 確かに技巧は見られますがね・・(^_-)。

 見る側の好き嫌い、もっと高尚に言えばですよ・・、画き手を離れた絵の持つ魅力と受け入れる自分の洞察が 一体化すればいいだけの事なんですよね(^_^)/~。

 要はホントに好きか嫌いか、楽しいか楽しくないか・・・それだけの話ですねぇ・・。

 これから、もっといっぱい西洋画も見てみようと思いました。

 そう言いながらも、実はいろんな美術館で西洋画にも触れてはいます(^_-)。

 今までは自分の心打つ作品に出会えなかっただけなんですねぇ・・・。

 さすがにさすがに、これだけ超一流の作品を目の当たりにすれば、ぐんと心の目が開かれましたねぇ・・・。

 これはとても嬉しいことでした・・・。

 

 で、一日終わりです・・・・。(^_^)/~

 

 

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村