読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3.18 埼玉近代美術館

北浦和までやってきました・・。北浦和公園の中に埼玉近代美術館はあります。

この門は旧制の浦和高校の門と説明がありました。

f:id:mahomimi:20170320184742j:plain

 門を入ると結構大きい公園です。北浦和公園と隣接しているのが浦和北公園・・、えぇぇ~~まぎらわしい・・・と思いきや、浦和北の方は老人公園と呼ぶらしいですね・・。ホント、同じような名前はいらないですねぇ・・。

f:id:mahomimi:20170320184814j:plain

f:id:mahomimi:20170320184859j:plain

 埼玉近代美術館、入館料は1000円です。展示品の割には高いなあ・・と思いました。そのかわり、見張りの人が多いのですよ・・・。そりゃ人件費が入りますよね。

 

f:id:mahomimi:20170320184932j:plain

外側に置かれていた像です。

f:id:mahomimi:20170320185003j:plain

 あちこち噴水がいっぱいあります。で、中に入ってみました。

f:id:mahomimi:20170320185035j:plain

 これがカツサンドルです。たったこれ一枚が至難の業でした・・・。(/_;)

f:id:mahomimi:20170320185104j:plain

 ここは比較的手薄でして・・・(^-^)。

f:id:mahomimi:20170320185129j:plain

 そう広い会場ではないのです。ここは常設展示です。

f:id:mahomimi:20170320185157j:plain

 外に出るとこんなモチーフが・・。余り興味も無く・・・。

f:id:mahomimi:20170320185224j:plain

f:id:mahomimi:20170320185253j:plain

階段に3.4体の像が。

f:id:mahomimi:20170320185326j:plain

f:id:mahomimi:20170320185356j:plain

f:id:mahomimi:20170320185434j:plain

 外に出て見れば建物はりっぱですが・・・。ですが~~ですよ。

 

f:id:mahomimi:20170320185618j:plain

 踊る噴水。音楽に合わせて噴水が踊ります。

f:id:mahomimi:20170320185714j:plain

f:id:mahomimi:20170320185745j:plain

 これなんか踊りの最中です。

f:id:mahomimi:20170320185948j:plain

 西口の方から出ればカツサンドルのポスターが貼ってありました。

f:id:mahomimi:20170320185828j:plain

f:id:mahomimi:20170320185900j:plain

 JR北浦和駅です。

f:id:mahomimi:20170320190447j:plain

 いったん改札に入る前に東口を除いてみれば、こんな風景でした。面白みも無く・・・・。

 帰りは上野まで出ました。上野でお茶でも飲もうかと中央通りを歩いてみました。

もう一本隣のアメ横はすごい人出でしたので引いてしまいました。f:id:mahomimi:20170320190020j:plain

f:id:mahomimi:20170320190047j:plain

 少しブラブラ歩いてみます。

 

 写真はここで終了しました。もう人混みの中をカメラ下げて歩くのはしんどいです。

 リュツクになおして、それ以後カメラは出しませんでした。

 上野に出て来たのは、ここから成田空港まで京成に乗るためです。

 京成の乗り場で「特急券の入らない特急」を待っていると同じホームの隣からスカイライナーが発車するところでした。

 大きなわめき声が聞こえたので思わず後ろを振り向けば、支那人ネーサンが叫び倒していました。そして、スカイライナーの出入り口をバンバン手で叩いて開けろ~~と

叫んでいるのかわめいているのか、兎に角異様な光景を見ました。

 まさに列車は発車しようとしているのにドアを開けさせ、そして乗り込んでまた下りてきて、何か外でわめいていました。支那語はわかりませんから何かな・・・と見ていれば、別の入り口からオトコが体を出してオンナに何かわめきました。

 すると支那オンナはよけいにヒステリックにって、オトコをののしりだし、そのあとデッキに大きなスーツケースを二個運び込んで、そして乗り込んでいきました。すぐにドアが締まり、列車は多少の遅れで出発。

 支那人声が大きいしマナーも無いし、もう好き勝手なふるまいでしたね・・・。

 リュックからカメラを出してこの光景を撮りたかったですが、もう面倒なので見ておくだけにしました。

 あやつら見ているだけで疲れます。たぶん、オトコが荷物をオンナに持たせて自分だけ乗り込んだのか、それともグループで自分だけ乗り遅れそうになり、ブチ切れたみたいなんですよ。

 別にこんなのはどうでもいいにしろ、はた迷惑なボケオンナでしたよ。

 

 これで久しぶりのブログは終わりです。たった1泊でしたからね・・・。友達に会うのに出かけたのですが、友達の都合がつかなくなりひとりであちこち歩きまわったのがこの旅の目的のなさです。

 でも・・・・、おもしろかった・・(^-^)。

 また行きたいですよ・・・。

 

 

 

 

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村

しばらくでした~ 千葉・佐原に行ってきました。2017.3.17②

 カメラの設定を元に戻して、見たままの色が戻りました(^-^)。このとよはしを渡ると左正面が伊能忠敬の生家になります。

 ところがですよ~~、私・・・、右手の方に行ってしまったのですよね。f:id:mahomimi:20170319223504j:plain

 左手の、この建物に気づくことなくですよ・・・。

f:id:mahomimi:20170319223540j:plain

f:id:mahomimi:20170319223607j:plain

のんびりとした風景が広がっていました。

f:id:mahomimi:20170319223644j:plain

 この道を歩いてしばらく行けばやはりこのようなたたずまいが・・・。

f:id:mahomimi:20170319223717j:plain

 昭和の名残に見とれつつですよ。

f:id:mahomimi:20170319223745j:plain

 市街地の一角です。

f:id:mahomimi:20170319223820j:plain

 右手に曲がってみれば、やはり何処にでもある町の風景です。バギーを押したオネエサマに道を聞いて再び戻ることにしました。赤ちゃん可愛かったですよ(^-^)。

 とても親切な方で忠敬邸までご一緒してくださいました。

f:id:mahomimi:20170319223900j:plain

 で、この表札に気がついたというわけなのです。

 これだけ大きいと誰でも気がつくのでしょうが・・・、私は・・・(^-^)。

f:id:mahomimi:20170319223937j:plain

 早速入ってみます。

f:id:mahomimi:20170319224010j:plain

 門は復元ですね・・・。建物も手が入り、整備されていました。

f:id:mahomimi:20170319224046j:plain

 とにかく庭が広いのです。伊能家は代々商人・・、醸造を生業とする家柄なんですね。

 忠敬は婿養子で伊能家を立て直すのですが、地頭頭に隠居を願い出るのですよ。しかし地頭の津田氏はこの願いを受け入れず、当時の津田氏は代替わりしたばかりのころだったためか、まだ村方後見でもあり名主としての忠敬の力を必要としていたのですよね・・。

 寛政6年(1794年)、忠敬は再び隠居の願いを出し、地頭所は12月にようやくこれを受け入れたようです。忠敬は家督を長男の景敬に譲り、通称を勘解由(伊能家が代々使っていた隠居名)と改め、江戸で暦学の勉強をするための準備にとりかかったのでありますが・・・、しかし、すごいです、江戸に出て忠敬が高橋至時の弟子となった時は50歳ですよ・・・。師匠は31。この年の差もですが、当時の50なんて今の60.70のジジイと変わりませんよ。バイタリティがあったのでしょうねぇ。とにかくすごいの一言です。f:id:mahomimi:20170319224119j:plain

f:id:mahomimi:20170319224214j:plain

f:id:mahomimi:20170319224251j:plain

f:id:mahomimi:20170319224502j:plain

 向こうにおられる家族連れに、あとで写真を撮っていただくことになりました。

f:id:mahomimi:20170319224536j:plain

f:id:mahomimi:20170319224610j:plain

f:id:mahomimi:20170319224646j:plain

f:id:mahomimi:20170319224723j:plain

f:id:mahomimi:20170319224756j:plain

f:id:mahomimi:20170319224829j:plain

f:id:mahomimi:20170319224903j:plain

 嬉しそうに写っていますねぇ・・・。あ~~恥ずかしいですって。(^-^)

 

f:id:mahomimi:20170319224959j:plain

f:id:mahomimi:20170319225032j:plain

f:id:mahomimi:20170319225109j:plain

f:id:mahomimi:20170319225139j:plain

f:id:mahomimi:20170319225224j:plain

f:id:mahomimi:20170319225258j:plain

 この街ではお雛様の時期は3月いっぱいまでのようですね・・。

 お雛さん大好きです。この趣きがたまらないです・・。

f:id:mahomimi:20170319225331j:plain

 船乗り場になっているようです。

f:id:mahomimi:20170319225411j:plain

 資料館の方を見るとこんな様子です。

f:id:mahomimi:20170319225458j:plain

 何と古めかしい時計台ですが、時間はほぼ正確ですから時計は今の時代のものですよ・・・。(^-^)江戸時代に時計なんて無いですからねぇ・・・。

f:id:mahomimi:20170319225535j:plain

f:id:mahomimi:20170319225609j:plain

 何やさんかはわかりませんが・・・。

f:id:mahomimi:20170319225637j:plain

 さりげなく貼られたポスターもいいですねぇ。

f:id:mahomimi:20170319225724j:plain

 橋から川に水が流れています。見とれてしまいました。

f:id:mahomimi:20170319225759j:plain

 絵になる風景です。端のスクールゾーンが、また今の時代を象徴しています。

 何処までも昭和ですよ・・・。

f:id:mahomimi:20170319225837j:plain

f:id:mahomimi:20170319225914j:plain

 

f:id:mahomimi:20170319225958j:plain

f:id:mahomimi:20170319232233j:plain

f:id:mahomimi:20170319232313j:plain

 ちょっと・・・入りにくそうな店ですねぇ。(^-^)

f:id:mahomimi:20170319232400j:plain

f:id:mahomimi:20170319232434j:plain

 いやあ、若いというのはいいですな・・・・。楽しそうに語らいながら歩いていましたね。

f:id:mahomimi:20170319232529j:plain

f:id:mahomimi:20170319232605j:plain

f:id:mahomimi:20170319232650j:plain

f:id:mahomimi:20170319232734j:plain

f:id:mahomimi:20170319232814j:plain

 やはり絵になる柳の木がなんとも言えないです。

f:id:mahomimi:20170319232918j:plain

 後ろ向きに箱が見えたので、ゴミ箱かな・・・・。と思っていました。前に回れば

お雛様が鎮座されていました。なかなか可愛いですよ。(^-^)

f:id:mahomimi:20170319233007j:plain

 行きも見た店です。

f:id:mahomimi:20170319233048j:plain

 所処にこんな置物が・・・・。風流ですねぇ・・・。

f:id:mahomimi:20170319233139j:plain

 ポストはいいのですが・・、日本郵便シールがが少し頂けないですね。

f:id:mahomimi:20170319233213j:plain

 踏切まで出てきました。左手の橋を渡り、また駅に戻ることにします。

f:id:mahomimi:20170319233248j:plain

 駅前の様子です。近代的な駅舎ですが、造りが凝っていますね・・・。

f:id:mahomimi:20170319233329j:plain

 鹿島線の列車が止まっていました。快速千葉行きは30分後。風が吹き出して寒い中をしばらく待ちました。

f:id:mahomimi:20170319233528j:plain

 JRは成田駅で京成に乗り換えます。京成成田からは高砂で乗り換えです。羽田行きの快速で浅草に向かいます。

f:id:mahomimi:20170319233604j:plain

 着いたのは浅草、雷門前です。スカイツリーが見えています。もう夕方、春の夕方は気持ちもウキウキしています。

f:id:mahomimi:20170319233715j:plain

f:id:mahomimi:20170319233757j:plain

f:id:mahomimi:20170319233839j:plain

f:id:mahomimi:20170319233923j:plain

f:id:mahomimi:20170319234000j:plain

 う〇こビルが目の前です。あのビルはインパクトがありますねぇ・・・。

f:id:mahomimi:20170319234041j:plain

 左「今日は客が来ねえな・・・。オメェも暇じゃねえか・・?。」

 右「そうよ・・、ワタシもお暇すぎてつまらないの。今日は儲からないわねぇ。」

 左「いいって事よ。そりゃオメエ、こんな日もあるだろさ。」

 右「まあ、気楽に待つしか仕方ないわね・・。」

 

 ワタシが勝手に想像して話をつけているだけですから、ホントはどんな話をしていたのか知らないですよ。でも、そう思えてしまって・・・。

 

 明日はどうしようかと迷いつつ、ネットを見てみれば埼玉近代美術館でカツサンドル展が開かれていました・・・。上野で美術館めぐりもいいですが、足を延ばして見ることにしました。ポスター展は初めてなんです。でも常設には数点の日本画もある様子。

 こと、日本画には目がないですので足を運ぶことにしました。

 ピタパJR東日本でも京成でもチャージすれば使えるのでとても便利でしたよ。

 と、言うわけで明日は北浦和に行ってみようと思っています。(^-^)

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村

しばらくでした~ 千葉・佐原に行ってきました。2017.3.17①

 ブログの更新を・・・といつも考えていました。取り外したハードの数枚にもおびただしい記録が入っています。でも・・、これを取り出す事に億劫を感じて、とうとう手もつけないままでした。

 パルケエスパーニアに去年の桜便り・・・、そうなんです、南禅寺から三井寺までの桜を歩いて撮っていったこれらのSDも、まだ見つからないままなんです。

 「早くブログ更新してください~~~。」という励ましのお言葉も数々頂いて、ようやく更新することになりました。

 JR成田線の、佐原(さわら)という街に行って来ました。この記録から載せていたきいと思っています。

f:id:mahomimi:20170319210725j:plain

 関空第2ターミナルです。上六からバスで1時間。この第2がピーチの乗り場です。

 バスの後ろが建物の入り口です。

f:id:mahomimi:20170319210802j:plain

 ピーチは関空ではこのように乗るのですよ。

 座席は狭くていささか窮屈でした。

f:id:mahomimi:20170319210835j:plain

 回りを見て見ればピーチばかり・・。ピーチのオネエサマ方はピーチピチではなかったです・・・。(^-^)

 

 飛行機を下りて、何しろ初めての成田空港ですから広すぎてわからない・・・、迷いながら京成で成田に出て、JR成田線に乗り換え佐原を目指しました。

 

f:id:mahomimi:20170319210904j:plain

 佐原の駅前です。

f:id:mahomimi:20170319210933j:plain

 この左を歩いているオネーサンを後でまた見受けることになろうとは思いもしませんでした。

f:id:mahomimi:20170319211006j:plain

 駅前の地図で確かめます。小野川に沿って古い町並みと伊能忠敬記念館と生家があるのだそうです。現在地からまっすぐに進むといいのですねぇ・・。

f:id:mahomimi:20170319211040j:plain

 で、広い道路に出たら左折してどんどん進みます。

f:id:mahomimi:20170319211110j:plain

 どんと突き当たりがこの道に出ますので線路脇を右に進めばいいのです。

f:id:mahomimi:20170319211140j:plain

 左手から「貸しません・・・」ではなかった(^-^)「鹿島線」の列車が・・。

f:id:mahomimi:20170319211209j:plain

 この道に沿って歩いていきます。アレ~~、ずっと先に先ほど駅で見たオネーサンがあるいています。

f:id:mahomimi:20170319211244j:plain

 列車が走りすぎて行きます・・・。

f:id:mahomimi:20170319211314j:plain

 拍手~~~で列車を見送り・・・、

f:id:mahomimi:20170319211348j:plain

 ちょっとセピア調の古ぼけた写真にして見ました。

 結構似合うやんかいな・・・・としばらくこれで撮影してみます。

 (ホントは何処かをいじってしまって、気がつかなかっただけなのですが・・・。(/_;) )

f:id:mahomimi:20170319211414j:plain

 橋の上を先ほどのオネーサンが・・・。美人だかどうかは知りませんが、橋と人はサマになります。でも遠すぎる・・・。レンズは2本しか持ってきていません。

FC16-50とFC50-230のスームのみ。結局16-50ですべて通してしまいました。

f:id:mahomimi:20170319211441j:plain

f:id:mahomimi:20170319211507j:plain

f:id:mahomimi:20170319211537j:plain

 この古い建物がいいですねぇ・・・。

f:id:mahomimi:20170319211608j:plain

柳の枝に風情があります。

 f:id:mahomimi:20170319211634j:plain

後ろを見れば橋を渡るご老人がひとり・・・・。

f:id:mahomimi:20170319211707j:plain

 オネーサンが街に溶け込んでいますね。8頭身ならさらに似合うのですが・・・。

いえいえ、他人を勝手にモデルにしてはいけないですって・・・。(/_;)

f:id:mahomimi:20170319211749j:plain

 ピントを柳に・・・。

f:id:mahomimi:20170319211817j:plain

 なんか昭和の名残が残されていて、それが何とも趣きがあるのですよ。

f:id:mahomimi:20170319211918j:plain

 川の静かなたたずまいがいいです・・・。

f:id:mahomimi:20170319212034j:plain

 どこまでも昭和の名残が・・・・。

f:id:mahomimi:20170319212114j:plain

 宿屋ですか?。

f:id:mahomimi:20170319212143j:plain

 こんな店何故か好きです~~(^-^)。

f:id:mahomimi:20170319212213j:plain

酒も売ってるのですねぇ・・。酒は昼間から飲む癖はないのです・・。

f:id:mahomimi:20170319212247j:plain

f:id:mahomimi:20170319212327j:plain

f:id:mahomimi:20170319212354j:plain

f:id:mahomimi:20170319212422j:plain

後ろの景色が格子の中のガラスに映り込んでいます。

f:id:mahomimi:20170319212501j:plain

 後ろの景色です。

f:id:mahomimi:20170319212544j:plain

 こんな道があり・・・・。

f:id:mahomimi:20170319212622j:plain

 橋から水が流れている、不思議に橋です。

f:id:mahomimi:20170319212700j:plain

 伊能忠敬資料館に到着しました。

f:id:mahomimi:20170319212731j:plain

入り口の旗、何ともいかめしいですね。f:id:mahomimi:20170319212801j:plain

 旧家のお雛様が展示されていたり、

f:id:mahomimi:20170319212830j:plain

 伊能忠敬の作成した地図が展示されていました。

 写真は禁止なんですよ。写真はここでは撮ってはいけません・・・。キマリは守ってくださいよ・・。と念を押されてしまいました。

f:id:mahomimi:20170319212902j:plain

f:id:mahomimi:20170319212930j:plain

f:id:mahomimi:20170319213044j:plain

f:id:mahomimi:20170319213122j:plain

f:id:mahomimi:20170319213154j:plain

f:id:mahomimi:20170319213223j:plain

f:id:mahomimi:20170319213259j:plain

f:id:mahomimi:20170319213327j:plain

f:id:mahomimi:20170319213358j:plain

f:id:mahomimi:20170319213440j:plain

f:id:mahomimi:20170319213520j:plain

f:id:mahomimi:20170319213552j:plain

f:id:mahomimi:20170319213621j:plain

 私はカメラは構えないのです。ヘソの辺りにぶら下げていますから、たまたま手が

シャッターにあたってしまったのですよね・・・、ねっ!。

 

 資料館は500円でしたか、以外に忠敬について知ることができましたね。

 

 観光地であるのか無いのか、普通に人々の生活があり、街の中に学生も見られとてもすばらしい街でした。

 ただ、関西からだとやはり遠いです。朝は7時40分に家を出て、それでこの時間ですからねぇ。千葉までは遠い道のりでした。

 まだ残りの半分を掲載しますので見て頂ければと思います。

 

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村

1月1日  明けましておめでとうございます。m(_ _)m

 みなさま明けましておめでとうございます。(^-^)

 本年も宜しくお願い致します。ワタクシも今年はよりいい画が撮れますように精一杯努力したいと思っています。

 いま、今年の夏の北海道はいっぱい荷物を積み込んでバイクで・・と考えながら、遠い北の国に思いを馳せているところです。

 昨年の礼文と利尻が余りに感動的でした。もうドップリと自然に浸りっぱなしで、それが何より心安まる一時でした。こんな自然がいっぱいのところって、そう無いですからね・・。よ~し、最北を今年も目指して行こう・・とこれが新年の抱負です。

 バイクなら知床までも走れますからね・・。美瑛の蜂の宿にも泊まりたいですし・・。(^-^)

 

 昨年は鉄マニアとしても、スーパー宗谷サロベツに乗れたのもとてもよかったですよ・・。これも感動でした。

 

 ネットで見せて頂いた画像がとても感動的なものばかりでしたので紹介させて頂きます。

 北海道の冬景色が懐かしく思い出されます。こんな季節にも、また足を運びたいですよ・・。

 冬だけで10回は行きましたが、ワタシは鉄道写真が下手なのでなかなかここに掲載させて頂いた皆さんのように写すことが出来ませんでした。

 まさにお借りして掲載したものは憧れの一枚一枚です。これを見ながら勉強させて頂いています。(^-^)

 

f:id:mahomimi:20161215204205j:plain

 スーパー宗谷。6両連結ですね・・。かなり以前のものですね。現在は4両で運行です。6両は季節性があるみたいですね・・。

f:id:mahomimi:20161215204313j:plain

 KAZENOKOさんの絵は胸を打ちますね。まさしく感動の一枚です・・・。

 これを撮るためにかなりの時間を費やされたんだろうな~と思わずにはおれません。

被写体を狙うまでに寒い中で待ち続けられたのだと思います。

f:id:mahomimi:20161215204341j:plain

 臨時のサロベツとラッセル。サロベツが雪を舞上げホームにすべり込んでくる様子がとてもリアルです。すばらしいですよ・・。

f:id:mahomimi:20161215204414j:plain

同じくKAZENOKOさんの力作です。

f:id:mahomimi:20161215204503j:plain

スーパー宗谷の雪に煙る様子がひたすらすばらしいです。

f:id:mahomimi:20161215204546j:plain

 宗谷本線抜海駅。同じくKAZENOKOさんの作品です。

 

 冬の鉄道も感動を与えてくれるのですが、雪に凍てついた道路も、同じく冬の北海道を語るうえでは無くてはならないものです。

f:id:mahomimi:20161215204234j:plain

 どこまでも続いていくような凍った道。

f:id:mahomimi:20161218202101j:plain

 市街地の雪の道。

f:id:mahomimi:20161218202727j:plain

<

 日暮れも近くなると侘しさが漂ってきます。

f:id:mahomimi:20161218203909j:plain

 黄昏時の雪の道。遠くの灯りが、より侘しさをつのらせています。

f:id:mahomimi:20161218204210j:plain

 すっかり雪に埋もれた道。北国の冬は厳しさい季節です。

 

 雪国の冬はながく厳しいですが、視点を変えれば別世界の趣です。

 昨年の暮れは千歳が閉鎖されるほどの大雪も降りました。娘夫婦なんか出かける前日に閉鎖が解除され、帰ってきてからは遅れ便が頻発だったのでラッキーだった・・と

喜んではいましたが、空港で足止めを食った方々にはお気の毒なばかりでした。

 

 まだまだ寒さが続きますが、皆さま方も何とぞお体をご慈愛ください。

 

 (メールをお送り頂く場合は、mahomimi@hotmail.co.jp  までお願いします。魔法 耳)

 

 

 

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村

2016年も終わろうとしている・・12.23~24 その②

 番所鼻展望台へはこのトンネルを通ります。

f:id:mahomimi:20161225143947j:plain

 トンネルの向こうに明かりが見えています。怖さはないですよ。

f:id:mahomimi:20161225144035j:plain

 上り道から海が見え・・・

f:id:mahomimi:20161225144127j:plain

 熊楠資料館の建物です。

f:id:mahomimi:20161225144208j:plain

 円月島が逆行に黒く映え・・

f:id:mahomimi:20161225144312j:plain

 展望台の上まで登って見ました。

f:id:mahomimi:20161225144432j:plain

 こんな鐘がきれいな音を立てていました。可愛いお嬢ちゃんがパパにだっこされて鐘を鳴らしています。

 ほのぼのとした、若夫婦の姿がすばらしいです。(^-^)

f:id:mahomimi:20161225144515j:plain

 雲がきれい・・

f:id:mahomimi:20161225161016j:plain

f:id:mahomimi:20161225161105j:plain

 下から見上げればこんな展望台です。

f:id:mahomimi:20161225161143j:plain

 下りながら円月島を見て・・

f:id:mahomimi:20161225161229j:plain

 再びトンネルをくぐります。

f:id:mahomimi:20161225161308j:plain

 京大水族館の前の海岸です。人も少なく・・・・

 

 水族館に入ってみました。

f:id:mahomimi:20161225161401j:plain

 正月の縁起物ですわぁ・・・(^-^)。

f:id:mahomimi:20161225161440j:plain

f:id:mahomimi:20161225161519j:plain

 こいつな・・、なんや、ヤドカリの親戚かいな~~。では無いようですが。

f:id:mahomimi:20161225161554j:plain

 きれいな水族館です。

f:id:mahomimi:20161228172525j:plain

f:id:mahomimi:20161228172810j:plain

 

f:id:mahomimi:20161228172846j:plain

f:id:mahomimi:20161228172929j:plain

f:id:mahomimi:20161228173003j:plain

 コバンザメですか?。

f:id:mahomimi:20161228173032j:plain

f:id:mahomimi:20161228173112j:plain

 水族館を出て、徒歩で白良浜に向かいます。歩いて20分程度の道のりでした。

f:id:mahomimi:20161228173157j:plain

 途中で円月島を撮り・・・、

f:id:mahomimi:20161228173250j:plain

 バスセンター近所のローソンに煙草を買いに入ったところ、うわあぁぁぁ~~~、

幻の近大マグロラーメンを発見!。これはレアなんですよ・・。

 なかなか手に入りません。こんなところで山積みされていることに驚きでした。でも、定価は220円のはずがどうして235円???。

 近大マグロはメチャうまいですよ。何度も食っていますが、ホントにうまい。

 スーパーで買う冷凍・解凍マグロと比べたら雲泥の差です。

 でも、ラーメンにすればうまいのかは疑問です。とりあえず2つ買ってみました。

f:id:mahomimi:20161228173335j:plain

 ワタシゃ横町が好きなんです。このローソンの裏手の方の、銀座通を歩いて見ます。

f:id:mahomimi:20161228173416j:plain

 こんな釜が置いてあったり、時代遅れのイルミが飾られていたり、時代を3周りバックしたようなレトロさが伝わってきます。

f:id:mahomimi:20161228173448j:plain

 こんな店屋があったり、赤い提灯はラーメン屋です。開店しているのか廃業したのか、不可解な「閉店」でした。雑居アパート下に喫茶にスナックと店が並び・・・、

こんなところの喫茶は絶対に入りません。作り置きの珈琲を鍋で温めて出すくらいが関の山で、うまい珈琲にはありつけない事は体験から悟っています。

f:id:mahomimi:20161228173527j:plain

 新旧対比の建物・・・。まさに手前は昭和ですよ・・。

f:id:mahomimi:20161228173559j:plain

 ぐり~~っと回って元の位置。ローソン手前に出て来ました。

 

 もう一度白良浜に出てみます。

f:id:mahomimi:20161228173634j:plain

 波は穏やかに収まり、風も無く暖かい日差しが差していました。

 ママと坊や・・・いいですねぇ。画になりますよ(^-^)。

f:id:mahomimi:20161228173707j:plain

f:id:mahomimi:20161228173741j:plain

f:id:mahomimi:20161228173811j:plain

f:id:mahomimi:20161228173845j:plain

老人夫婦の姿も微笑ましく・・・

f:id:mahomimi:20161228173925j:plain

f:id:mahomimi:20161228174013j:plain

 遠くに船が走り・・

f:id:mahomimi:20161228174108j:plain 仲良し三人組が海を見つめて夢を語りつつ・・・

f:id:mahomimi:20161228174152j:plain

 場所を変えて浜を見れば、別の三人組が・・・

f:id:mahomimi:20161228174244j:plain

 自撮りすっからな・・・と見られていることも知らず、このあとジャンプして自撮りはうまくいったのだろうかと・・(^-^)。

 さすがぁ、ズームの効果です。230ミリで撮影です。

 このあと海を見ながらファミマで買った弁当を食べ、珈琲を飲み暖かい日差しに包まれていました。とても落ち着いた時間でした。

f:id:mahomimi:20161228174329j:plain

 ホテルに帰り、帰路のバスを待ちます。

f:id:mahomimi:20161228174430j:plain

 フロントの様子です。

f:id:mahomimi:20161228174459j:plain

 ゲームセンターです。のぞいたけれど、ちつとも面白くなかったです。

f:id:mahomimi:20161228174530j:plain

 で、これが近大マグロラーメン。

f:id:mahomimi:20161228174558j:plain

 もう一丁、二段重ねで近大マグロラーメン。

 

 食べて驚きは、この蓋の裏側がマグロ君の卒業証書でした。養殖課程を優秀な成績で卒業したのですねえ・・・。(^-^)すばらしいじゃありませんか・・。

 

 白浜はこれで終わりです。でも、もう行きたいとは思わない観光地です。

 大阪からは近すぎるのと、もうひとつ行きたい~~~という衝動を覚えないのですよ。

 ワタシが昭和の一桁台であればあこがれの観光地であったかも知れませんが、僻地・・出来るだけ遠くへ・・という荒野を目指したいワタシの感性とはかけ離れ過ぎています。温泉にしても大して感動もなかったです。「まあ、こんなものかと思いつつ・・。」ですよ。(^-^)

もう、これからは行く事もないでしょう・・・。

 で、これで今年は終わりです。

 今年一年・・、と言ってもブログは夏から始めたのですが、見て頂けて感謝致しております。来年も宜しくお願い致します。

 

 

 

 

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村

2016年も終わろうとしている・・12.23~24 その①

  年末の湯快ガーデンが取れましたので、それで行ってみました。大阪・天王寺から直行バスに乗りホテルまで運んでくれます。なんとJRを使うよりはバスは遙かに格安でした。

 でも、バスの席は詰め詰めだし快適さは程遠いものがありましたけどね・・・。(^-^)

 ホテルについてびっくり・・・。な、なんとこの部屋ですよ~~。

 どひゃあ~とたまげてしまいました。

 こんな広い部屋は、札幌全日空ホテル以来ですよ。まっ、ここは垢抜けはしていない部屋にしても、ゆっくりは出来ましたね。

f:id:mahomimi:20161225135903j:plain

 ドアをあけて入れば、この格子戸があり・・・右に和室・・・

左はリビングがあり・・

f:id:mahomimi:20161225135929j:plain

 リビングの奥にツインベッドルームがあって・・

f:id:mahomimi:20161225135952j:plain

 和室にもフトンが敷かれており・・・

f:id:mahomimi:20161225140020j:plain

ホント広すぎるのですよ。二人ですよ・・今回は。4人泊まれるようになっているのですね。でも、座卓をどければ和室だけでも4人は泊まれると思うのですが・・。

f:id:mahomimi:20161225140048j:plain

 ソファに座り、一息ついています。

f:id:mahomimi:20161225142432j:plain

 このパンダはアドベンチャーワールドのマスコツト君ですかねぇ(^-^)。

f:id:mahomimi:20161225140136j:plain

 窓から眺めれば海が見えます。

f:id:mahomimi:20161225140351j:plain

 確かにロケーションは悪くはないです。これでバス代込みで一人18㌔弱。もちろん2食付きでです。安い、7800円という部屋は取れなかったのでこんな広い部屋になったのですが、それでも安すぎでしたね・・。(^-^)

 これはお値打ちですよ・・。

f:id:mahomimi:20161225140418j:plain

 部屋にいてもつまらないので外に出てみました。三段壁に行ってみることにしました。途中にこんな赤い花が咲いていました。

f:id:mahomimi:20161225140440j:plain

 なんか不気味な花でした。(/_;)

f:id:mahomimi:20161225140505j:plain

 三段壁の観光客・・。大陸の連が多いように感じましたね。団体でやって来ている人達は大抵大陸です。まあ、声がデカイ・・・。我がもの顔のご様子です。

 この人達はどうか知らないですよ・・。

f:id:mahomimi:20161225140533j:plain

 三段壁。自殺の名所というらしいです。こんなところから飛び降りたら、間違い無く命がなくなりますねえ・・。怖!

f:id:mahomimi:20161225140601j:plain

 雲の隙間から光が差し込み・・・・

f:id:mahomimi:20161225140629j:plain

 並は荒く、風は強く・・・、ことさら寒い日でした。

f:id:mahomimi:20161225140658j:plain

f:id:mahomimi:20161225140749j:plain

f:id:mahomimi:20161225140815j:plain

 この道を歩いてバス通りに出ます。

f:id:mahomimi:20161225140852j:plain

 これがバス通り。この日に海中展望台にバスで行けばよかったのですが、明日でもいいかな・・・と思っていたら、結局行けなかったのですよ。

f:id:mahomimi:20161225140920j:plain

 もと来た道を戻り・・・、今度は千畳敷に行ってみることにしました。

f:id:mahomimi:20161225141001j:plain

 湯快ガーデンの前を通り・・・、

f:id:mahomimi:20161225141035j:plain

千畳敷・・・、波が高いです。

f:id:mahomimi:20161225141113j:plain

 これではわかり難いですので・・

f:id:mahomimi:20161225141342j:plain

 もう一枚・・・、

f:id:mahomimi:20161225141413j:plain

 さらにもう一枚・・、これでわかりますよね。FC50-230ミリレンズを使っています。

f:id:mahomimi:20161225141451j:plain

 下に降りるのが何となくおっかない感じです。

f:id:mahomimi:20161225141522j:plain

 かなりリアルに画になっています・・・。樹が風でが斜めになっています。

f:id:mahomimi:20161225141558j:plain

f:id:mahomimi:20161225141856j:plain

f:id:mahomimi:20161225141931j:plain

 おまいら・・、落ちんなよ~~と言いたいです。(/_;)

f:id:mahomimi:20161225142029j:plain

 若いアベックさんは画になりますね。

f:id:mahomimi:20161225142100j:plain

 こんなカフェがあり・・、

f:id:mahomimi:20161225142135j:plain

 この家は空屋です。

f:id:mahomimi:20161225142203j:plain

誰か借りませんか?。

f:id:mahomimi:20161225142242j:plain

 丁度、ホテルに帰り大浴場にいた時に大きな夕日が見えました。大変だ~~と大急ぎで着替えて、部屋に戻り夕日を取ろうとすればすでに陽は落ち・・・、残念な結果になりました。無念・・。

f:id:mahomimi:20161225142326j:plain

 この空の色はまさしく冬の空そのものですねぇ・・・。

f:id:mahomimi:20161225142402j:plain

 ベッドルームのライトを灯し・・・食事の後は早く寝ました。もう結構疲れていましたから爆睡でした。

 

 ここからは次の日です。暖かで穏やかな日よりでした。白良浜の様子です。f:id:mahomimi:20161225142611j:plain

f:id:mahomimi:20161225142642j:plain

 昨日の夜はイルミが点灯されていたようですが、寒さが厳しくて来なかったのです。

寒いときは早く寝るに限ります。部屋は暖かくて快適でしたよ・・。冷え性のくせに暑がりのワタシには部屋は暑いくらいでした。

f:id:mahomimi:20161225142727j:plain

f:id:mahomimi:20161225142757j:plain

f:id:mahomimi:20161225142837j:plain

 海中展望台はここから離れているのです。これはズームですから近く見えますが、肉眼では小さく見えるだけです。

f:id:mahomimi:20161225142907j:plain

f:id:mahomimi:20161225143002j:plain

 白良浜から路線バスで「南方熊楠記念館」と「グラスボート」を目的に移動です。

f:id:mahomimi:20161225143108j:plain

 ところが・・・、目当てのグラスボートき「強風の為中止です。」と出ていました。

なんで~~、今日は昨日ほど風もないのに・・・ですよ。(>_<)

f:id:mahomimi:20161225143326j:plain

 あとで水族館に寄ることにして、熊楠記念館に行くことにします。

f:id:mahomimi:20161225143530j:plain

 ワタシの後ろに隠れていますが、現在改装中でやはり休館でした・・。

なんで~~と唖然です。

f:id:mahomimi:20161225143438j:plain

 仕方無く番所鼻公園に上がることにします。

 

 何度も来ている白浜です。どちらかと言えば見所なんてあるかい・・・つまらない昭和の観光地じゃあ・・と舐めていましたが、決してそんなことも無い事に始めて気がつきました。

 近場でも結構一日過ごせるところがあるのに驚きでした。確かに三段壁とか千畳敷はあの程度ですよ・・。でも、じっくり回れば気候・風土もすばらしいことを再発見しましたねぇ。

 和歌山の一番の致命的なところは土産のつまらなさ、くそ不味さです。ゆず最中なんか、伝統のある不味さです。でも・・・、つい買ってしまうんですよねぇ・・(^-^)。

 

 まあまあ、楽しい一日になりよかったです。 

 続きもありますので・・・・。

 

 

 

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村

2012.8.25.26 新穂高・上高地・乗鞍畳平

 冬のさなかに夏の写真も驚きですが、こんなのが出てきました。夏の終わりに1泊でふらりと出かけた時のものです。奥飛騨温泉郷に泊まり、そこから足を伸ばした時のものです。

 へぇ~、こんな写真撮っていたんだ・・と忘れていたものまでありました。枚数は少ないのですが見て下さい・・・。

f:id:mahomimi:20161214224509j:plain

 新穂高へのロープウェイ・・、2階建てなんですよ。びっくりです(^-^)

f:id:mahomimi:20161214224527j:plain

f:id:mahomimi:20161214224545j:plain

f:id:mahomimi:20161214224613j:plain

f:id:mahomimi:20161214224642j:plain

f:id:mahomimi:20161214224659j:plain

 夏の終わりでも沢山の人が訪れていました。盆も過ぎて、人気が無いかな・・とおもいきや、ガラスに写った人の積め積め状態をごらん下さい。

f:id:mahomimi:20161214224724j:plain

 夏山はすてきです・・。見とれます。

f:id:mahomimi:20161214224740j:plain

f:id:mahomimi:20161214224802j:plain

 ロープウェイの山頂。やはりたくさんの人がおられました。晴れていたと思いきや、雲がかかって来ると急に何も見えなくなってしまいます。

 山の天気と娘さんの気持ちと同じとはよく言ったものですねぇ・・・。

f:id:mahomimi:20161214224825j:plain

 メッチャ軽装。だって軽い心 で来たのですから軽装そのものです。リュツクをひとつ持っているだけ・・・。(^-^)アタマも軽いです・・・。(/_;)

f:id:mahomimi:20161214224845j:plain

 しらかば平駅です。もう降りてきました。ここに有名なパン屋さんがありますが、味は普通・・・、値段は高級店並・・、唖然としました。

 なぜに人気が・・・・。それがわかりません・・。

 メロンパン一つ100円やろ~~~普通は・・。と、声を大にして言えませんよね・・。

 言えませんよね・・・ねっ。(笑)

f:id:mahomimi:20161214224917j:plain

 月が出ていました。炭坑節は聞こえてきませんが・・。

 これから奥飛騨温泉に戻り、泊まりました。まあ、いいホテルとは言いがたく、写真はなしです・・・。撮ったものの、載せていません。

f:id:mahomimi:20161214224935j:plain

ここから軽井沢です。

f:id:mahomimi:20161214225004j:plain

 早朝の湖の水面に靄が流れ、湖面に映り込む山陰がより静寂さを強めていた。

 私とIとが並んで見つめているその向こうに、声すらも出ないほどの朝焼けの眩しさが際立っていた。

 

 なんて、安物の小説のフレーズみたいですねぇ・・。おもろないですか・・。(/_;)

 早朝ではないんですけど・・・。朝焼けも見えなかったんですけど・・・。

 あぁ、さいですか~~。それはすみません・・・フン!なんて言われそうですねぇ。

f:id:mahomimi:20161214225026j:plain

f:id:mahomimi:20161214225044j:plain

 これいいです・・。もう少し露出が低ければさらに違った色合いが・・・。

 何も細工なしで載せています。

f:id:mahomimi:20161214225108j:plain

 枯れた木々が、また趣ありますねぇ・・。

f:id:mahomimi:20161214225130j:plain

f:id:mahomimi:20161214225208j:plain

 適正露出・PL使っていません・・・。

f:id:mahomimi:20161214225237j:plain

f:id:mahomimi:20161214225313j:plain

 木々から望む梓川の清涼な流れが、ことさら私の心を捕らえて放さなかった・・。

 なんて言ってみたいですよ・・。

f:id:mahomimi:20161214225341j:plain

f:id:mahomimi:20161214225414j:plain

f:id:mahomimi:20161214225443j:plain

f:id:mahomimi:20161214225511j:plain

 河童橋が見えて来ました。あともう少しです。

f:id:mahomimi:20161214225536j:plain

f:id:mahomimi:20161214225604j:plain

f:id:mahomimi:20161214225635j:plain

 河童橋銀座です。この日は多くの人で賑わっていました。この右側に並んだ売店で牛乳を買って飲みました。あんまり高かったからビンを持って帰りました。しかしぃ、牛乳瓶は飾り物にはなりませんねぇ・・。部屋の片隅に置いていたら、いつしか埃を被り、「汚いから捨てるワヨ。」てな一言で処分されました。

 お、オレの努力は何だったんだろ・・・・・。

 「何も努力してへんがな!」とさらに叱られそうですねぇ。

 f:id:mahomimi:20161214225705j:plain

 乗鞍のバスターミナルです。ここまでは誰でも来る事ができます。それでも標高2700メートルです。

f:id:mahomimi:20161214225821j:plain

f:id:mahomimi:20161214225743j:plain

f:id:mahomimi:20161214225849j:plain

 本格的な登山は、ここ白雲荘に泊まってからがスタートです。山小屋です。今は色が塗り替えられて、「白雲荘」というロゴが大きく描かれています。ちなみに岐阜県ですよ、ここは。 

f:id:mahomimi:20161214230046j:plain

f:id:mahomimi:20161214230155j:plain

 鶴ヶ池の辺りはこのような遊歩道になっています。ハイカーもたくさん訪れています。

   

 とここまでで終わりです。夏の岐阜・長野はとても景色もすばらしく、また過ごしやすい気候です。

 デジカメの無い頃、美ヶ原に車で行きましたが、あの鐘突台のあるところ・・・、名前が出てきません・・・、薄が生え、アキアカネが群れになり飛んでいました。一足先に早い秋でした。

 内陸のこの辺りは冬は険しい顔を見せるところですが、夏はことさら優しい顔を見せてくれます。それがとても素敵ですよね。

 また行きたいところですよ・・。

 

 上高地は車で入れませんので、指定パーキングに車を置いてからバスでの移動になります。富士山もそうじゃないですかね・・。かつて、平成元年までは車で富士急のレストがあるところまでは上がれました。環境保護のために、車は規制されるようになりました。ことさら、美しい環境を守りたいですよね・・・。(^-^)

 

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村