読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃岩荘について熱く語ろう

 皆さま、ブログをご覧頂き、ありがとうございます。魔法耳です。今日は励ましのお言葉とともに、ご質問を頂きましたので少し趣向を変えて「桃岩荘」について語ってみました。

 

「魔法耳さん、こんにちは。もう若くも無いと言われるのに、何故若者の宿泊施設桃岩荘ユースに泊まられたのですか?。また行かれる予定もありますか・・。」

 と言うメールを頂きました(これはワタシの言葉です、メーラーさんのコピペはしていません(^_^)/~)。

 何故って言われても困るのですが、桃岩荘は私達の世代に取っては青春の原点とも言うべき処でして、何も無い、自然しか無い、最北である・・と言う、青春時代を彷彿するのに最も素直になれる処・・と言うのがホンネであるかも知れません。

 そりゃ、現在のユースにしては会員料金で3240円(税込み)、夕飯1080円(税込み)、朝食648円(税込み)は高いかも知れないです。これだけで4968円についてしまうのですから・・。しかも夕飯はタコカレー、かき揚げ丼、中華丼の繰り返しメニューです。

 ワタシが札幌で泊まったビジネスは食事無しですが4000円でしたので、プライバシーなどを考慮すればやはり知らない方には???がついてしまうと思われます。

 同じユースでも、宿泊代や食事代ももっと安いところもありますからねぇ・・。しかもサケも飲めませんし・・。

 

 だけど、自然が好きなら、自然に触れたいならこれ以上の最適の場所は他に無いと思います。

 毎年、7月に来て9月の終わりまで滞在される年配の方もおられますし、毎年やって来る方も大変多いようです。

 論より証拠で、来年一度行かれてみる事をお勧めします。きっと、あなたの既成概念も 世界観も大きく変わると信じていますよ。(^_^)/~

 桃岩荘は今年度の営業は9月末で終えました。5月末まで長い眠りに入ります。来年の夏にワタシも、再び足を運びたいです・・。

 礼文の、あの雄大な自然のすばらしさ・・・筆舌尽くしがたいほどの感動なんですから・・・。

 ♫山た~かくして夢がありぃ~~山高くして唄があるうぅぅぅ~~。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20161103202301j:plain

 昔のフェリーターミナルです。さらに昔は「うすゆきそう」の絵もありませんでした。

f:id:mahomimi:20161103205403j:plain

f:id:mahomimi:20161103202654j:plainf:id:mahomimi:20161103202714j:plain

 今のターミナルです。2階から乗船します。

f:id:mahomimi:20161103202840j:plain

 桃岩荘の全景です。昔は右の平屋のみでした。トイレと風呂も場所が異なっていました。左の増築の2階が食堂になっています。それと3階は女子の部屋です。

 手前の白い建物はベン&ジョハウス。便所ではありません・・。ベン&ジョンソンという喫茶です。いつも開店休業のような気配・・・・。

f:id:mahomimi:20161103202947j:plain

f:id:mahomimi:20161103203007j:plain

 色も塗り直して、綺麗になっています。とても昔の鰊番屋とは思えないですよね。

f:id:mahomimi:20161103203035j:plain

 古い時代の写真です。

f:id:mahomimi:20161103203120j:plain

 これも・・・。

f:id:mahomimi:20161103203212j:plain

 桃岩時間は10時35分ですが、日本の標準時では10時5分です。時差があります(^_^)/~。

f:id:mahomimi:20161103205218j:plain

f:id:mahomimi:20161103203227j:plain

 トイレの張り紙・・・。男子用には 「朕〇を、右に左に振る人は、おのれの人生棒に振る。」(^_^)/~てな事が貼ってありましたよ・・。

f:id:mahomimi:20161103203242j:plain

 これ、使っているの見たことないです・・・。

f:id:mahomimi:20161103203259j:plain

 古~~い二層式洗濯機。昭和の名残が息づいています。

f:id:mahomimi:20161103203357j:plain

 蚕棚の男子ベッド。き、きったな~~い・・、なんて言うことなかれ・・。

 清掃は行き届いていますからね。

f:id:mahomimi:20161103203414j:plain

 夜のミーティングです。これ今年のではないですかね・・。お盆頃ですかねぇ。

拝借した写真です。

f:id:mahomimi:20161103203438j:plain

 すげぇ沢山の人が泊まっていたんだ~~。お盆の頃かなあ・・。

 昔、平屋時代はここに長テーブルを並べて食事タイムにしていました。今はそのテーブルも2階の食堂で元気ですよ・・。

f:id:mahomimi:20161103203502j:plain

 お歌の指導です。ヘルパーさん、実に明るく爽やか・・、熱心で親切です。

f:id:mahomimi:20161103203608j:plain

 港への道の説明・・。トンネルを抜けると右手に入る道がありまして・・・・

 少し登り切ったところに案内表示があるので、それを左手に進み・・・・、笹藪の道をどんどん進んで行くと道の終わりに家が1軒あり・・、その角を左手に上がれば道路に出て・・・、

道路を進んでいけば右手に散髪屋があり・・・、その前を通って道を降りれば右手方向が香深の港です・・・、というような説明です。(^_^)/~

 物覚えいいでしょ~~~~ワタシ。(^_^)/~

f:id:mahomimi:20161103203627j:plain

 愛とロマンの8時間コース・・。オッサン3人だと愛は生まれないですよねぇ・・。(寒!) ロマンもあるのかな・・(^_^)/~。あくまで女性がいないとですよ・・・。

f:id:mahomimi:20161103203650j:plain

 朝食券です。お盆の頃ですねぇ。

f:id:mahomimi:20161103203721j:plain

 夏でも寒い日もあります。

f:id:mahomimi:20161103203739j:plain

f:id:mahomimi:20161103203756j:plain

 お迎えの儀式・・・。

f:id:mahomimi:20161103203816j:plain

 せ~~の・・。

f:id:mahomimi:20161103210357j:plain

 「おかえんなさ~~い・・・。」ドドドン・・・。ガラガラガラン(鳴り物の音)

 「たっだいまあぁぁぁぁ~~。」と元気よく入って来ます。

f:id:mahomimi:20161103203900j:plain

 ヘルパーさん達。みなさんいいオトコにいいオンナに写っています。ホントにいい人達ですよ・・。

f:id:mahomimi:20161103204012j:plain

 左ヘルパーのアベさんと青年・・・。2人の笑顔がいいよねぇ・・。

f:id:mahomimi:20161103203932j:plain

 これも夜のミーティング・・・。

f:id:mahomimi:20161103203951j:plain

 これも・・・。

f:id:mahomimi:20161103204847j:plain

 もういっちょう~~ミーティング。

f:id:mahomimi:20161103204121j:plain

 ミーティングの後のしばしの歓談。青いシャツはバーニングさん。神奈川の数学の元先生。夏の間は桃岩にずっとおられる常連さんです。だから若い!。

f:id:mahomimi:20161103204149j:plain

f:id:mahomimi:20161103204322j:plain

 戸外でのお見送り。遠い世界にみんな旅立ち、そしてまた礼文に戻ってきます。

 いつの日か又会えると信じていますよ。(/_;)

 

f:id:mahomimi:20161103204405j:plain

f:id:mahomimi:20161103204435j:plain

f:id:mahomimi:20161103204455j:plain

 精一杯のお見送り・・。感動です。そしてさらなる感動と言えば・・・、

f:id:mahomimi:20161103204513j:plain

f:id:mahomimi:20161103204627j:plain

 「また帰ってきま~~す、ありがとう・・。」と歩いて港に向かう人達の別れの場面です。

f:id:mahomimi:20161103204649j:plain

 そして、港での大感動の別れ・・・。船が見えなくなるまで声をあげて、精一杯見送りが続きます。桃岩に泊まっていない人でも声をあげて感涙にむせんでいました。

 桃岩荘は温かいです。気候は寒いが心が温かい・・。

f:id:mahomimi:20161103204711j:plain

 「お元気で~~~。」と又会う約束を固くかわし・・・

f:id:mahomimi:20161103204737j:plain

f:id:mahomimi:20161103205321j:plain

「ありがとう~~。」の声がやがては聞こえなくなって、香深の港も遠く小さく・・・。礼文ほど感動の島は他にはありません。

 こうした光景が夏の間は、毎日、そして日に幾度となく繰り広げられて・・・・、

日が過ぎるにしたがって礼文の思い出が大きく心に甦り・・・、また帰ろうと決意して・・、それから何年も何十年もの歳月が流れていくのです。

 感動の島、礼文は自然とともに、人の情が 美しい・・・・。(涙)

f:id:mahomimi:20161103204927j:plain

 この雄大な景色に心打たれない人はいないと聞きます。

f:id:mahomimi:20161103204955j:plain

 夏の短い間に咲く礼文敦盛草・・・、実に優しく可憐です。

 

f:id:mahomimi:20161103205009j:plain

 清楚さと美しさと優雅さと・・・・・、ひっそりと咲くうすゆき草。

f:id:mahomimi:20161103205033j:plain

 その名を取った「礼文温泉うすゆきの湯。」利尻が綺麗に見えますよ。

 お湯よし、人よし、眺め良し・・・(^-^)

 

f:id:mahomimi:20161103205045j:plain

 バイク借りるならキャットロック、その名も「猫岩」。

 

 また、このブログを参考にしてください。

mahomimi.hatenablog.com

mahomimi.hatenablog.com

 いかがでしたか・・・。少しでも礼文の魅力、そして桃岩荘の魅力と楽しさに触れていただけましたか・。

またワタシも、来年の夏の旅が待ち遠しいです。

 その日までさようなら・・・。

 

 ご連絡は、 mahomimi@hotmail.co.jp  まで宜しくお願いします。 <魔法耳>

 

 

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村