読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

去年(2015)の冬は湯布院

  地震が起きる前です。さかんに湯布院のヨイショをする雑誌を見て、よ~し・・、今度は行ってみっか・・と行く事にしました。宿は山水館を予約できました。

 

まず北九州は「小倉」の日豊線の乗り場の様子からです。

か、かしわうどん・・・、食べたくないです。(。、)かしわ(鶏肉)は食べられません。宗教的信条、いえいえ・・・ただの好き嫌いです。

f:id:mahomimi:20161003212548j:plain

f:id:mahomimi:20161003212625j:plain

 こんな電車に変わってしまっています。私がこの街に住んでいたとき、もっとボロい電車が走っていました。もう遙かな昔です。わずか5年と言いますが、その5年が限りなく長かったですよ~。

 タンコーで重労働5年か禁固5年のような長さでした

 最も街には住んでいません・・。郡部のド僻地でしたけれど・・。収容所ではないです・・(^-^)

f:id:mahomimi:20161003212706j:plain

 向こうのホームに止まっているブルーの電車。「青のソニック」です。これら乗ります。この電車がこちらに来るのでしょうねぇ・・。長崎編で写していた青の電車覚えておられますか・・・?。

 

f:id:mahomimi:20161003212740j:plain

  で、中はこんなの・・・。

f:id:mahomimi:20161003212818j:plain

 ガラスの扉を開けて先にはトイレもついています。トイレがすごくモダンでびっくりしました。かなりの広さを確保していましたねぇ。

 

f:id:mahomimi:20161003213045j:plain

 海が見えてくれば別府も近しです・・。

 

f:id:mahomimi:20161003213138j:plain

 この駅は別府か大分か忘れました。

f:id:mahomimi:20161003213230j:plain

 九大本線に乗り換えます。途中で、この駅で対向からの列車を長く待っていました。

 

f:id:mahomimi:20161003213306j:plain

 そついでに外に出て駅横の風景を一枚・・・。

f:id:mahomimi:20161003213352j:plain

 対向から電車が来ました。これが湯布院の森号ですか?。何分マニアではないものでわからないです・・。

 

f:id:mahomimi:20161003213445j:plain

 湯布院の駅前です。向こうの山は由布岳です。

 

f:id:mahomimi:20161003213529j:plain

 駅も大きく変わりました。私は若いときにはこの駅も通過しています。茶色の、古めかしい各駅停車の列車に乗ってこの駅でも止まった時、降りるか止めるか迷った事がありました。当時は木造の改札口で、駅員が一人切符を受け取っていました。列車からずっと見ていたんですよ。当時は春の季節に似つかわしくない横殴りの雨。やはり降りなかったのです。迷わず久留米に直行。「まっ、またそのうち来るやろ・・。」てな事を思いつつ、42年の歳月が流れました。

 すっかり時代は変わって、近代的な駅に変身しています。

f:id:mahomimi:20161003213611j:plain

 まっ、湯布院の町を歩いています。な・・、なんかオレっちには違和感を覚える町です。作られた観光地。その言葉が頭に浮かんで来ました。

f:id:mahomimi:20161003213702j:plain

これも・・・。

f:id:mahomimi:20161003213752j:plain

f:id:mahomimi:20161003213837j:plain

このケバイ店も・・・、

f:id:mahomimi:20161003213916j:plain

古民家を改造した喫茶も・・・、

f:id:mahomimi:20161003213955j:plain

自然は誰もようイジラんですけど・・・、やはりみんな人造観光地ですよ・・・。

f:id:mahomimi:20161003214037j:plain

こんな・・・・

f:id:mahomimi:20161003214116j:plain

 さらにこんな・・・・、

f:id:mahomimi:20161003214302j:plain

 ヘタレな沼が「金鱗湖」という名前をつけられて・・・・いっぱしの美しい北海道の湖などと対等に、同列に、しかも格式ぶって・・・なんて許せない気がしました。

 地元の人・・、ごめんよぅ・・。でもそう思ったんです。この沼のほとりに建つランプの宿が人気だとか・・・。で、なんで~~・・・?と思いました。

f:id:mahomimi:20161003214349j:plain

 イヌのぬいぐるみは好きだけど、こんなの見ると「多分に観光地」という、つまらなさを感じてしまいました。

f:id:mahomimi:20161003214437j:plain

 これは泊まったホテルです。駅近です。

f:id:mahomimi:20161003230318j:plain

f:id:mahomimi:20161003214520j:plain

 窓からの景色・・。段々陽が落ちてきれいですが、何か物足りない・・。何が~と言われても困るのですが、とにかく満足度は限りなく低かったです。

 ホテルのサービスはよかったのですよ・・。それがせめてもの救いだったかなあ・・。

 

 

 あ~、きっと昔此処の駅で降りていたなら、「こんな鄙びた町がまだあるんだなあ・・。」ときっと感激したと思うのですが、きれいになってから来ても旅情は味わえないですね。

 写真には撮っていませんが、金鱗湖に行くまでに狭いパーキングにバス・バス・バス・・・。略した漢字に、謎の象形文字反愚流がいっぱい・・・。選択を間違った旅でしたね。

 

 でも、昭和40年代後半の頃と平成27年では同列に考える方が無理があるのですけどねえ。それも考えないといけないと思います。

 まあ、「青のソニック」に乗れただけでもよかった・・・。(^-^)帰りは白のソニックですよ・・・。大分~博多 ソニック、博多~長崎 つばめ・・・、白はつばめだったんです・・。

 

 

湯布院の帰りは大分の街をブラブラ・・・

 

 

 

 

 


にほんブログ村  ブログ村に参加しています(^-^)