2011.8.29 島原・天草に・・・

口之津から鬼池へはフェリーが出ています。「まぼろしのヤマタイ国」を書いた宮崎康平氏の持論が、ヤマタイ国は島原説です。 本当かどうかは定かで無いにしろ、まあ夢があっていいじゃありませんか・・・。 この本はワタシも持っています。なかなか奇抜で面…

2011.8.28 虹の松原・平戸・九十九島に・・・

虹の松原は昔のことですがユースホステルがありました。そこで泊まって唐津線で九州の旅が始まったことを思い出します。20歳でした・・。 その頃は何もかもが楽しかったですね。見るモノすべてに感激、感動の頃でした。 虹の松原は2回目です。鏡山から松…

2016年10月 森屋元気君日本一周 ゴールおめでとう・・。

ワタシが2016年7月26日に札幌狸小路で出会った青年、森屋元気君がみごとヒッチハイクで日本一周を達成しました・・。全国の暖かい皆さまに支えられて、快挙を成し遂げたことを喜びたいと思います。 「おっめでと~~~おぉぉぉ。」と、多分に桃岩荘ス…

2014.11.8 熱海に行ってみた日のこと④

ホテルも人が少なくて、ロビーでも見かけることはなかったです。このロビーから外に出て、夕日も朝日も撮りました。 で、つぎの日の朝・・・、 「ローズガーデンに行ってみませんか?。」と声をかけてもらい、マイクロバスでガーデンまで送ってもらいました…

2014.11.8 熱海に行ってみた日のこと ③

十国峠の展望台です。ここで前回も今回も同じ「すき焼き御膳」で昼にしました。前回は人がほとんどいなかったのに、今回は団体さんが入っていて少し騒がしかったです。 ここまでタクシーで・・・。バスも走っているようですよ。 まあ1年ぶりになります。温…

2013年12月23日  熱海に行ってみた日のこと②

若い時には敷居が高かった熱海。学生の分際ではホテルに・・なんておこがましくて、また観光地と言うこともあり足が向きませんでした。これは前回言いましたよね。ねっ! 始めて来てみましたが、この思い込みが覆された街でした。 ゜ここに住みたい~。」と…

2013年12月22日 熱海に行ってみた日のこと ①

有名な温泉地でありながら、今まで一度も行ったことがなかったのです。 どうして・・って言われても若い時は「縁と¥」がなかったし、学生には不向きなところだと避けていました。 それがオッサンになると、熱海の温泉にでも入ってみよう・・ということにな…

2015年8月27日 鬼怒川温泉と日光東照宮に行った時

何しろこれは画像が粗いです。ニコンクールピクスS3600という小型ですが、せいぜい記録程度の用途しかない「安物カメラ」で撮っています。天橋立で爆死した「ミノルタディマージュ」の方が意外と写りはよかったです。このあとこのカメラも壊れたのです…

湯布院帰りに大分ぶらぶら・・・

朝、起きてカーテンを開ければ山に靄がかかっていました。こうして見る限り何処にでもある田舎の町です。 駅まで歩いて5分。たまたま駅に着くなり大分行きの特急が来たので特急券を買い求めて、それで写真を撮る暇も無く・・・。 車窓から撮った「向之原」…

去年(2015)の冬は湯布院

地震が起きる前です。さかんに湯布院のヨイショをする雑誌を見て、よ~し・・、今度は行ってみっか・・と行く事にしました。宿は山水館を予約できました。 まず北九州は「小倉」の日豊線の乗り場の様子からです。 か、かしわうどん・・・、食べたくないです…

餘部鉄橋を見に行った時のこと 

山陰線に餘部鉄橋という高い鉄橋が知られています。強風の日は列車も止まるというところです。これが長い間気になっていました。 何度も山陰線に乗って、鉄橋から下を見下ろすことはあったのですが、下から見ることは無く、新鉄橋に付け替えられるということ…

箱根の関所です

やってきました、箱根の関所です。なかなかいかめしいものなんですねえ。 小高い山の上に見張り番所が置かれていました。 現代ではここで検札します(^-^)。モグリでは入れてくれません。 「入場券見せい~~。」 「は、はぁ~~お役人さまぁ~~。」というと…

2015年3月 春の季節です

やっと10月になりました。ブログの更新が出来るようになりました。よ~し、今月は300メガをうまく使っていきたいと思っています。まるで小遣い3万の父ちゃんが一気に競馬で使い果たして、半月ひたすら我慢のような状態でしたね・・。例え悪いかな・・…

山口 俵山温泉 2005.8.14

お盆時期に、きわめてローカルな温泉、俵山温泉をのぞいて見ました。ほとんど人の姿も無く、家族連れが数組だけの閑散とした状態でした。余り知られていないのかも知れないです。白猿の湯と書いてありました。 山間の静かなところです。 ご家族連れがパラっ…

長崎 再び 2014.12. その②

昔を思い出すって、年寄りてか・・、確かにそうかも知れない・・・、ジンセー時計ではいま6時32分。ホンマ・・夕暮れです~~。これからは楽しく生きるぞ~~っと視点を変えて長崎続きです。 大浦天主堂。現在有料・・・。昔は自由に入れたのですよ。 で…

長崎 再び  2014.12.20 その①

長崎に行って見ようと思いました。何故か昔の感動が呼び起こされて来ました。昔は楽しかったですよ・・。 いろんな仲間と友達になれました。若かったということは素敵なことなんだな・・といま思い出しています。 この新幹線のオネーサン素敵ですね。思わず…

伊豆急行に乗る・・  ついでに修善寺

いい電車ですねぇ。「普通」で、各駅停車なんですが、斜めのツートンカラーが都会的で奇抜です。伊豆急は初めての体験です。なかなか乗る機会に恵まれませんでした。 お初にお目にかかります・・。ワタシです。鉄道は乗り鉄です。趣味はいろいろ多彩です。な…

久能山です

日本平まで行き、ロープウェイで久能山まで下るんですよ。日本平、標高307メートル、久能山216メートル。健脚なら歩いても大丈夫(^-^)、久能山までの階段を使えば行けますよ。 あ、葵のご紋~~!。へへえぇぇぇ~~~。 人が少なかったです。団体さん…

大井川鐵道で~す 2010年8月25日

大井川の上流に向かって走る大井川鐵道、なかなか味があっていいです。もち、メインは鉄道ですが、帰りに久能山にも寄ってきました。 すごい広いですよ・・。上流は水が少ないのですよね。 この吊り橋・・、な、名前忘れました。高い所が怖いのでよう渡らん…

感動の古きよき時代 モノクロームフォト

ネットにはたくさんの古い写真をお持ちの方が投稿して下さっています。ご承諾も頂かないまま、大変失礼ですがここに紹介させて頂きました。涙が出るほどの、感動の場面がいっぱいです。古きよき昭和・・、段々遠くなっていきますねぇ。 まだ昭和40年代はこ…

秋を探しに札幌・小樽 ③

画像の丁度中央に半丸の銀の屋根・・。これが札幌ドームです。福住の方角を眺めています。ドームは藻岩山からでも見れます。近くを通ったらやはりデカイわぁ・・。(^-^) グリーンの四角いホテルがモントレです。この時にはワタシは京王プラザに3泊、泊まっ…

秋を探しに札幌・小樽 ②

まるで趣味のページになりそうな具合です。(^-^) 札幌市電、なかなか風流でいいじゃないですか・・。かつてはこんなケバ電ではなかったのですが、すっかり宣伝も定着して街に溶け込んでいますね。 宣伝控えめな車両も走っています。もう乗っては降りてを何度…

  秋を探しに札幌・小樽2005 ①

例年より遅い紅葉。11月の様子です。 札幌は9月には秋が深まり、10月には雪虫が飛び、11月には初雪さえ見られるのですが、例年になく遅い晩秋です。仕事サボしてひとりで札幌、のんびりと秋を楽しんで来ました。(^-^) 黄色のあざやかさが美しいです。…

夏は信州もええです・・(^-^)サイコー②

夏が終わろうとしている頃に、精一杯自己主張しているひまわりもいいですねぇ。無常の哀れを感じます。 水面に風が出て来ました。ほんとに静かな世界です。「静寂」という言葉が、まさにぴったりの湖です。 すごくこの世のものとは思えない画が撮れて感激で…

夏は信州もええです・・(^-^)サイコー ①

かなり以前のものが出てきました。信州もよく走り回りました。もうすっかりオジサンになっていますのでビンタビ(貧旅)では無いです(^-^)。ちょっとリッチな気分を味わいました。 途中省略ですよ・・。高速道路にPAだけじゃつまらないですから。 青木湖に行く…

俺の旅 

もう若くはないもんなあ~・・・と、気がつけばそれ成りの年齢。 ブログを見て頂いた方には想像がついておられると思いますが、そうなんです・・、それなりの年齢に達してしまっているんですよ。(^-^) でも、まだまだ気持ちは若いし、気力もあるので元気に飛…

夏の終わりに 鞆の浦慕情 その③

鞆の浦は狭い街、2時間以上も同じところをグルグル回っていれば飽きてしまいました。萩や津和野と言った観光地と比べても多分に狭い。せいぜい徒歩で間に合う距離です。 また常夜塔の処に戻り一息つこうと思いました。ここでロケに遭遇したのですよね・・。…

夏の終わりに 鞆の浦慕情 その②

目指すは阿藻珍味。土日と休日だけの営業です。今日は土曜日。期待感をもって行ってみました。 左手に白い蔵の建物が小さく見えています。これが阿藻珍味の工場です。ここまでは近いようでもちょっとした距離でした。行きすぎてまた戻り、裏手の道から上がっ…

夏の終わりに 鞆の浦慕情 その①

ホテルの夕食・・撮るのを忘れました・・。でも食事はとてもよかったです。食事はダイニングの個室でゆっくり・・。海を見渡せる部屋でした。そこで奇妙な船を発見。 「あれは海賊船(遊覧船)ですか?。」と給仕をして下さる方に聞いたら、 「いいえ・・、連…

夏の終わりに  その2 ♫ は~ばる来たぜ お-のみちぃ~~ぃ ②

下りはロープウェイを使うことにしました。このまま歩いて行ってもよかったのですが、ホント暑い・・兎に角暑い・・まぎれもなく暑い・・たまらん~~暑い!という状態でしたので文明の力を利用しました。これはこれで味のある風景が楽しめましたよ。(^-^) …

夏の終わり  その2 ♫ は~ばる来たぜ お-のみちぃ~~ぃ ①

と、やって来たのは尾道です。毎年車で通り過ぎるだけで、ゆっくり歩くこともありませんでしたよ。18歳の頃に尾道友愛山荘に泊まって、千光寺など歩きまわって以来です。どうも近場はなかなか来にくいのですよね。 在来線は新幹線の下です。 こ、この電車…

夏の終わりに  その1 福山城 

尾道と鞆の浦に行ってきました。結構近場ですが1泊して帰ってきました。 ホテルは景勝館漣亭(さざなみてい)ですよ・・。今回はママさんとです。ワタシひとりなら、たいていビジネスですが、ママさんと二人ならばプリンス系とか、センチュリー系など結構ご満…

徳山駅前の有名うどん店です

並んでもうまい。ホントにうまい・・・。しいてマイナスを探せばゲソ天がないだけですか・・。なんでイカが無いのですか?。「イカんがなあ・・・。」と思いましたよ。(^-^) 後ろにもまだまだ列は続いているのですよ。 この手さばきはマネではません・・・。…

潮湯にいきました。ついでに三宅裕司も立ち寄った・・・

みかんの島、大島の潮湯に行ってみました。ついでにテレビで有名になった店にも立ち寄りました。 何処まで走っても山・山・山ですよ~。 島が近づいてきました。 この橋を渡ります。 大橋を渡りきりました。 島内に入っても結構走らなくてはならないです。意…

山の中の観音茶屋がうまい!

今では見られなくなった自販機のうまい店を探して走りまわりました。欽明路と防府にも似たような自販機の店はありますが、ここはとにかくうまいです。「お値段以上~煮鳥~」なんて(^-^)。とにかく最高ですって。(^-^) いくつも山の集落を通り抜け・・・。 …

山の中の村にビルが出現 ひゃあ~

ホントなんです。小さな村にビルが・・。たまげました。 これだけ見れば都会の光景と大差ありませんが・・ 周りの景色に注意してください・・ ほんとびっくりする光景です。ちなみに地元の造り酒屋のビルです。ワタシはこの酒を購入して飲んでみましたが、は…

B級グルメの旅 むろつのてんぷら 恐ろしく冷たい自販機

世の中安い割にうまいものが有るのですよ。それを紹介してみたいです。(^-^) 高速道路を夜中にひた走ります。山陽道はお盆の帰省前で、まだ混雑はしていませんでした。 夜中ですからカメラは仕舞ったまま。と言うかトランクに入れて手元には無かったのでその…

小樽駅から札幌へ・・そして関空へ

何度も来て写真も一杯撮った小樽駅、青函連絡船に乗っていたと言う駅職員さんとも親しげに話をしていたのも、もう10年前のことになってしまいました・・・。 ポートライナーの乗り場も変わりましたね・・。 南小樽です。この上の橋を歩いたんですよねぇ~…

旅の終わり~7月27日・・・南小樽~小樽へ その2

やってきました、「初代」です。店主も少しお歳を召したような感じです(^-^)。中で立ち働いている方は息子さんですかねえ・・。なら今度は「初代」改め「弐代」になるかも知れないですねぇ。たかがラーメン、されどラーメンです。ワタシが北海道でうまい!と…

旅の終わり~7月27日・・・南小樽~小樽へ その1

もう少し日にちを延ばしておけばよかった・・と後悔しても、飛行機がLCCで変更が一切利きません。取りやめても料金は返ってきません。その為の格安設定のようです。仕方無く今日で終わりです。一日思いきり充実させるぞ~とばかり、今日も早くホテルを飛…

札幌の宿で独り言・・・。

札幌の宿泊ですが、帰りはビジネスホテル。すすきのの繁華街にあるものの、静かなホテルでした。ただ、窓が開かないのが残念でした。ワタシは窓からの光景が大好きなんですよ。これからはこれを確かめて部屋を取らないといけないかな・・・と。 すすきのでは…

稚内から札幌へ  もう怒りに燃える

再び稚内の駅に戻り、札幌への特急サロベツを待ちました。宗谷本線は一日3便のみの往復です。スーパー宗谷が2便と真ん中にサロベツが1便。昔なら急行宗谷とか礼文、利尻と沢山走っていたのにですよ・・。すっかりローカル本線です。駅には沢山の中国人の…

利尻から稚内そして札幌へ   その2 路線バスでノシャップ岬へ

もう一度駅前に戻ります。路線バスの行き先を見て、ノシャップを目指します。22歳の時にこのバス、乗ったことがありましたよ。宝来3丁目だっけ・・・で降りて稚内ユースに泊まりました、もうこのユースはありません。更地にされた後、別の家屋が建ったよ…

利尻から稚内 そして札幌へ   その1 ドームを歩く

鴛泊からの別れは静かな別れ。見送り人も無いままに、フェリーに乗り込んでひとり稚内を目指します。旅の終わりが近づいて来ています。 朝早く、利尻富士を眺めて見ました。今日も天気の良い日になりそうです。 旅の青年に出会いました。彼は歩いて日本一周…

軽四を借りて利尻を回りました  その5 夕日ヶ丘に登りました。

夕方、宿に先に荷物を置いて宿泊手続きも済ませてからすぐ近くの夕日ヶ丘展望台に向かいました。ここで関東からの高校の先生ライダーと意気投合。展望台に上がってみました。長い階段です。でもそれほど時間もかからなかったですよ。 頂上に近い方は草むらの…

利尻を軽四で回る その4 姫沼にやって来ました

♫ き~みぉ た~ずぅねぇて 姫沼 かなし~~ と姫沼に到着しました。静まり返って神秘の沼がワタシを待っていました。 「待ってたんかいな・・。」「そうでんねん、待ってましたんや~。」ではパロディになってしまいます(。、)関西弁はこんな時は恥ずかし…

利尻を軽四で回る  その3 浜辺にに咲く花

海岸にはさまざまな花が咲いているんですねぇ。ハッとする美しい花が可憐に。 それを撮って見ました。 昔~、釧網線の北浜駅のすぐ近くでしたか・・・夏の日差しに照らされた熱い線路を歩いてみました。左側に真っ青なオホーツクの海が広がり、線路から海岸…

利尻を軽四で回る その2

ちょっと車を止めて一服です。全然車が走っていないのです。信号機もない。 もうたまら~~んですよ・・、(^-^)。 とにかくすばらしい天気です。利尻山も至るところから望めます。以前は利尻の何処にも行かなかったもんなあ。足さえあれば最強ですよ。 光の…

利尻を軽四で回る その1

利尻は学生時代には鴛泊の民宿「旅路」に泊めてもらっていました。その日の泊まるアテも無いままに、まあ現地で~という気ままな旅でしたから探せば何とかなると思っていたんですね。 たまたま港で、やはり蟹族の仲間と遭遇。 「おまえ、今日は何処に泊まる…

7月25日 旅立ちの朝

桃岩の朝は早いです。桃岩時間ですから・・(^-^)ワタシは5時過ぎに起きて、朝日を写しに出た時には、すでに起きている人もいました。 昆布取りの小舟 漁師さんの朝は早いです。 山も朝日を受けて輝いています。 朝の海辺から桃岩荘を見てみました。 海岸か…